ライフネット生命 就業不能保険 「働く人への保険2」 評価

記事更新日:2018.5.12

評価データ

発売時期 商品名 保険種別 参考プラン時の
月払保険料
高度障害時 評価
以後の保険料
払込免除
給付金
2016年6月~ 働く人への保険2 長期の所得保障保険
(就業不能保険)
3,954円 あり あり
~2016年5月 働く人への保険 4,190円 なし なし

※ 35歳男性、保険期間と保険料払込期間65歳まで、月額給付金20万円、支払対象外期間180日、就業不能給付金の受け取り方は標準タイプ


リンク

ご契約のしおり・約款 その他
2017年2月版
2016年6月版
2016年6月版
公式サイト
長期の所得保障保険(就業不能保険)は必要か?
長期の所得補償保険(就業不能保険)の比較


管理人推奨プラン

発売時期 商品名
就業不能給付金(月額) お好みで
支払対象外期間 60日(最初の60日=2ヵ月は給付対象外)
就業不能給付金の受け取り方 半額(ハーフタイプB型)
就業不能状態となってから1年半以内の給付金は半額
保険期間・保険料払込期間 65歳(65歳まで毎月給付金を受け取れる)
月払保険料 30歳男性で2,056円


評価コメント

この保険は個人向けの長期の所得補償保険(就業不能保険)です。
病気やケガで働くことができなくなってしまった場合(※精神病は対象外)、最長で70歳まで毎月給付金を受け取ることが可能です。

就業不能保険はまだまだ販売している会社が少ないですが、その中ではさすがにインターネット販売によりコストを極力抑えている会社なため、コストパフォーマンスは優れている保険だと思います。

2016年6月にリニューアルされ、働く人への保険2になりました。旧バージョンと比較すると高度障害時の保障が付加された分だけ保障内容は少しですが良くなり、保険料はそれでいて少し下がっているように見受けられました。ですので改良と呼べるリニューアルだと思います。
長期の所得補償保険(就業不能保険)の比較ページで詳しくは記載していますが、この保険は障害等級2~3級の間くらいの方でも給付を受けられるように設計されているそうですので、他社の同種の保険と比較すると受け取れることになるケースも多そうです。
またこちらのページのとおり、障害年金を合理的にカバーできるようになっている半額(ハーフタイプB型)プランがあるため、個人的には現在発売中の就業不能保険の中では最も高く評価しています。


しかし長期の所得補償保険は、悪い保険ではないのは確かだと思いますが、万人受けするような保険でないのも確かだと思います。詳細は下記の参考リンクを見てもらえればと思います。


◆参考リンク

所得補償保険 >長期の所得補償保険(就業不能保険)は必要か?
所得補償保険 >就業不能保険に加入するなら