要支援・要介護認定基準のめやす



介護状態区分 目安
要支援1 食事や排泄はほとんど自分ひとりでできるが、掃除などの身の回りの世話の一部に介助や見守りが必要。
要支援2 食事や排泄はほとんど自分ひとりでできるが、要支援1の状態より日常生活動作の能力が低下し、何らかの支援又は部分的な介護が必要。
要介護1 ・食事や排泄はほとんど自分ひとりでできるが、要支援1の状態より日常生活動作の能力が低下し、何らかの支援又は部分的な介護が必要。(要支援2と同等)
・問題行動や理解低下がみられることがある。
要介護2 ・食事や排泄に介助が必要なことがあり、身の回りの世話全般に介助が必要。
・立ち上がりや歩行に支えが必要。
・問題行動や理解低下がみられることがある。
要介護3 ・排泄や身の回りの世話、立ち上がり等が自分でできない。
・歩行が自分でできないことがある。
・いくつかの問題行動や全般的な理解の低下がみられることがある。
要介護4 ・排泄や身の回りの世話、立ち上がり等がほとんどできない。
・歩行が自分ひとりでできない。
・多くの問題行動や全般的な理解の低下がみられることがある。
要介護5 ・食事や排泄、身の回りの世話、立ち上がりや歩行等がほとんどできない。
・多くの問題行動や全般的な理解の低下がみられることがある。