【サイト内検索】

個人年金保険の種類3 円建てと外貨建て

記事更新日:2018.9.1

外貨建ての年金保険とは?

最後に個人年金保険は、円建て外貨建てに分けられる。
なお「外貨建て」と記載のないものは円建てだ。
外貨って国の通ってことだよね?どこの国なの?
外貨建て保険に使用されるのは米ドルや豪ドルが多いかな。
円建ての保険は主に日本国債で運用されるのに対し、米ドル建てはアメリカ国債で、豪ドル建てはオーストラリア国債で主に運用される。
へえ。それが何かメリットはあるの?
ああ。日本国債に比べて米国債や豪国債はかなり高金利なんだ。
なので米ドル建てや豪ドル建ての保険は、円建ての保険より一般的に返戻率が高くなっているんだ。下記は2018年のある日の利回りだけど、日本国債が断トツで低利回りなのがわかると思う。


◆10年国債の利回り
日本国債 米国債 豪国債
0.10%
2.86%

2.57%


あちゃー。日本国債は低すぎだね。もしかして世界最低??
主要国を調べた中では最低だった。逆に高い国だと、ブラジルの12.2%やロシアの8.7%などがあった。
それはすごいなあ。
そうだね。
けど国債で運用するなら利回りだけでなく信頼性も高くないといけない。ブラジル国債やロシア国債は信頼性にはやはり疑問符がついてしまう。その点、アメリカ国債やオーストラリア国債は、信頼性も高く利回りもそれなりに高いというバランスのいい国債というわけだ。
なるほど、だから外貨建て保険としてよく利用されるわけか。
そうだね。
じゃあ円建てよりも外貨建ての保険のほうがいいのかなあ?
これは一概にはいえないかな。

単に資産運用したい
(お金を増やしたい)
という目的であればおすすめできない。
保険だとどうしても手数料が大きく資産運用力が低下してしまうからだ。
外貨の高利回りが魅力的なのであれば、ネット証券会社などで自分で外国債
(米国債や豪国債)
を購入する方が、資産運用的には有利だ。


けれど外貨建ての個人年金保険の中には、
「個人年金保険料控除を受けられる」
というメリットがあるものもある。
これは自分で外国債を購入する時にはないメリットだ。
これは手放しで推奨できるほどのものではないけれど、検討価値はあると思う。
マニュライフ生命こだわり個人年金保険など)

また、あまりにも円建ての保険の金利が低下していることから、加入後すぐに年金を受取始められるプランで一時払いの個人年金保険に加入するのであれば、円建てでなく外貨建ても検討価値が出てきているように思う。
マニュライフ生命 外貨建て一時払い個人年金保険など)
ただ一時払いタイプのほうは、加入時に円高となっており、今後円安になることが期待できる時以は絶対に避けた方がよいと思う。
なるほど。
個人年金保険の種類についてはここまで。
次のページでは個人年金保険の仕組みについて詳しく見ていくよ。

直近の更新履歴

10/20
iDeCoコーナー老齢給付金を終身年金で受け取る方法を新設。
10/15
アクサダイレクト生命の新商品
就業不能保険「働けないときの安心」の評価ページ
を新設。
保障内容が日本生命と似つつ、保険料は約3分の2の安さとなっています。
10/12
NISAコーナーに
「海外ETFの買いタイミングについて」
を新設。
現在、ダウ平均株価が暴落しているため、前から書きたかった内容を記事にしてみました。


管理人作成の他のサイト

格安SIM(MVNO)デビューガイド
大手3社(ドコモ、au、ソフトバンク)から格安SIMに乗り換える方法などを紹介しています。
スマホ代を節約したい方はぜひアクセスしてみて下さい。
PR リクルートカード

管理人も実際に使用しているクレジットカードです。   
年会費無料でポイント還元率も1.2%と高くおすすめです。

このページのトップへ戻る▲