【サイト内検索】

通常NISA 海外ETFの買いタイミングについて

記事作成日:2018.10.12

2018年10月12日現在、ダウ平均株価が暴落中ですが・・・

下のチャートは2018年10月12日現在
(米国時間で10月11日の夕方)
ダウ平均株価だけど、この2日間でものすごく暴落している。


ほんとだ。
10/9時点では26,500ドルくらいだったのが、25,000ドルくらいまで暴落しているね。わずか2日で1,500ドルも下がったのか・・・。
そうだね。
そこでせっかくの機会なので、前から書きたかったことを記事にしてみたいと思う。
それは、
米国株中心の海外ETF(※)を買うタイミングはいつがよいか?


こちらのページで取り上げているVTIなど。



iDeCo(個人型確定拠出年金)つみたてNISAで、米国株のインデックスファンドなどを毎月一定額ずつ積立購入している場合はタイミングを気にする必要はないけど、通常NISAで狙ったタイミングでまとめ買いする場合はどんなタイミングがよいか?
についてです。
ああ、それはたしかに気になるね。
今回のように暴落している時なんていいタイミングだと思うけど、どうなんだろ?
そうだね。
私は未来人ではないので100%予想を当てることなんてできない。なのであくまで参考程度に読んでほしいけど、個人的には
今は買っていいタイミング
だと思う。
どうして?
まずは下のチャートを見てほしい。
これは過去10年のダウ平均株価のチャート。


ところどころ落ち込みがあるけど、だいたい一定で右肩上がりだね。
そうだね。
この10年だけじゃなく、もっと過去から見ても同じような感じなんだ。
ラインを引いてみるともっとわかりやすい。
緑のラインに沿って上昇しつつ、ラインから上に乖離してしまった場合はラインまで押し下げられ、ラインから下に乖離してしまった場合はラインまで押し上げられるというのを繰り返している。


ほんとだ。2017年の後半から2018年の初頭にかけてラインから上に乖離してしまった時も、しっかりラインまで押し下げられているね。
そして今回もまた上に乖離していたところから、ラインに向かって押し下げられるように暴落したわけか。
なんかこうやってみると、今回の暴落って必然的な調整だったように見えるね。
そうだね。
なので私は先月くらいから職場の同僚には、

「今は加熱しすぎてて近いうちに暴落がくる可能性高いと思うから、まとめ買いするのは待ったほうがいいと思う。」

と伝えてたんだよね。

そしてまだチャートに反映されていないけど、今現在の値は25,000ドルくらいなので、下の図の黄色の矢印の先くらいまで下がっている。つまりちょうど緑ラインくらいまで押し下げられたところなんだ。





なので、このあとラインより更に下まで下がる可能性ももちろんあるけど、少なくとも現在は
加熱していた状態から暴落によってみんなが頭を冷やしたところ
なわけだ。
なるほどなあ。
そしたら今は買いのタイミングのように思えるね。
というかこうやって見てみると、こんなふうに買うとよさそうじゃない?


緑ラインから上に乖離したら買わない

緑ライン付近なら買い

緑ラインから下に乖離したらめっちゃ買い!
そうだね、そのようにしてみるのも面白いと思う。

ただ実際にベストなタイミングで購入しようとすると、米国株のチャートだけじゃなく
「円 ⇔ ドル」
の為替のチャートも気にしないといけないから、そこまで単純な話じゃないのが難しいところだけど・・・。

お、でも今見たら、今回の暴落で為替も1円くらい円高になっているから、やっぱり
買ってもいいタイミング
かもね。


ということで、もしよかったら参考にしてみてください。
(あくまで最終的には自己判断でお願いします。)

直近の更新履歴

11/13
iDeCoの管理人の運用成績レポートを更新。
(10月下旬に米国株まで大暴落するなど不調が続いています・・・)
11/7
終身保険コーナーに外貨建て一時払い終身保険 評価ランキングと解説を追加。
11/3
収入保障保険評価ランキングを更新。
メディケア生命の収入保障保険の値下げを反映しました。

※なお、管理人がいくつかの条件で比較した限りでは、引き続き全条件でFWD富士生命の収入保障保険が最安でした。


管理人作成の他のサイト

格安SIM(MVNO)デビューガイド
大手3社(ドコモ、au、ソフトバンク)から格安SIMに乗り換える方法などを紹介しています。
スマホ代を節約したい方はぜひアクセスしてみて下さい。
PR リクルートカード

管理人も実際に使用しているクレジットカードです。   
年会費無料でポイント還元率も1.2%と高くおすすめです。

このページのトップへ戻る▲