年金はいくらもらえる? (片働き夫婦・自営業)

記事更新日:2016.9.17

年金だけでは不足額が大きい

老後の年金はいくらもらえるか?今日は夫が自営業者の片働き夫婦の例をみていくよ。
ういす。
年金は原則65歳から受給開始となる。では65歳の同い年の夫婦が平均余命(男性84歳、女性89歳)まで生存した場合、いくら年金を受け取ることができるか?下の表にまとめたので参照してほしい。

※65歳の平均余命(あと何年生きられるか)は男性が約19年、女性が約24年。厚生労働省のサイトより。



⇒自営業者として22~65歳まで働く。


⇒22~29歳までは平均年収250万円程度で会社員として勤務。
 29歳で第1子を出産する際に退職。
 以後は夫の手伝いや専業主婦、年収130万円以下のパート勤務。



年齢 夫の月収 妻の月収 夫婦合計月収
老齢基礎年金 合計 老齢基礎年金 老齢厚生年金 合計
65~84 65,000
(※1)
65,000 65,000 7,000 72,000 137,000
85~89
(※2)
65,000 7,000 72,000 72,000

※1 老齢基礎年金はその年によって前後しますが近年は65,000円程度で推移しています。
※2 上の例は夫が先に亡くなってしまったケースですが、もしも妻が先に亡くなってしまった場合、 夫はそれまでと同じ月収(約65,000円)を以降も受け取り続けることが可能。



うーん、老後の月収は将来的には

単身者・・・月収16~21万円くらい
夫婦・・・・・月収26~33万円くらい

を目安にっていう話だったよね。これだと全然足りないね。
そうだね。
自営業者が加入を義務付けられているのは国民年金のみ。
(会社員は国民年金+厚生年金)
けれど現実には、国民年金から受け取れる年金(正式名称は老齢基礎年金)だけでは上記のとおり全然足りない。なので自主的にその他の備えが絶対必要になる。

というか、老齢基礎年金は近年はだいたい65,000円前後で推移しているけど、この金額設定はそもそもありえないと思う。生活保護費
(自治体や条件により異なるが、多くのケースでは1人月額10~12万円程度給付される)
よりも低く設定するなんて、政府は何を考えているんだと小一時間・・・
あー先生ストップストップ!そのあたりの話をしだすとまた止まらなくなっちゃうよ。
ごめん、ついつい。
では上記の例の夫婦の場合、国民年金だけでは不足する分をどうカバーしていくか。それを次回から見ていくよ。