【サイト内検索】

iDeCo個人型確定拠出年金による年収別の節税額(自営業者)

記事更新日:2017.10.27

会社員・公務員編はこちら

iDeCoの掛金を年額276,000円拠出したときの節税額の目安

課税所得金額 年間節税額(円)
所得税 住民税 国民健康保険料
(国民健康保険税)
合計
195万円以下の方
(年収500万円くらいまでの方)
13,800 27,600 30,000 71,400
195万円超~330万円以下
(年収500~700万円くらい)
27,600 40,000 95,200
330万円超~695万円以下
(年収700~1,100万円くらい)
55,200 50,000 132,800
695万円超~900万円以下
(年収1,100~1,400万円くらい)
63,400 141,000
900万円超~1,800万円以下
(年収1,400~2,300万円くらい)
91,000 168,600
1,800万円超~4,000万円以下
(年収2,300~4,500万円くらい)
110,400 188,000
4,000万円超
(年収4,500万円くらい以上の方)
124,200 201,800

※年収はあくまで目安です。家族構成や地域によっては、この範囲外になることもあります。
※国民健康保険税は地域により大きく差がありますので、本当にあくまで目安として参照願います。
※所得税は便宜上、会社員公務員の給与所得控除額を適用して計算しています。
※住民税はほぼすべての自治体が採用している10%で計算しています。
※この他に、幼稚園や保育園の保育料や介護保険料も安くなることがあります。


直近の更新履歴

11/13
iDeCoの管理人の運用成績レポートを更新。
(10月下旬に米国株まで大暴落するなど不調が続いています・・・)
11/7
終身保険コーナーに外貨建て一時払い終身保険 評価ランキングと解説を追加。
11/3
収入保障保険評価ランキングを更新。
メディケア生命の収入保障保険の値下げを反映しました。

※なお、管理人がいくつかの条件で比較した限りでは、引き続き全条件でFWD富士生命の収入保障保険が最安でした。


管理人作成の他のサイト

格安SIM(MVNO)デビューガイド
大手3社(ドコモ、au、ソフトバンク)から格安SIMに乗り換える方法などを紹介しています。
スマホ代を節約したい方はぜひアクセスしてみて下さい。
PR リクルートカード

管理人も実際に使用しているクレジットカードです。   
年会費無料でポイント還元率も1.2%と高くおすすめです。

このページのトップへ戻る▲