【サイト内検索】

EXE-i 新興国株式ファンド 実質コストと詳細解説

記事更新日:2019.2.1

実質コストなどの推移(税込)

時期 初期コスト ランニングコスト 換金時の
コスト
販売手数料 信託報酬(運用管理費用) その他コスト
実質コスト
①+②
信託財産
留保額
当商品分 海外ETF分 合計
第5期
2017/5~2018/5
ノーロード
(無料)
 0.25% 0.13% 0.38% 0.03% 0.42% なし
(無料)
第4期
2016/5~2017/5
0.14% 0.39% 0.04% 0.43%
第3期
2015/5~2016/5
0.06% 0.45%
第2期
2014/5~2015/5
0.16%
※1
0.41% 0.16% 0.57%
第1期
2013/5~2014/5
0.17% 0.42% 0.16% 0.58%

※ 実質コストは下記の運用報告書より管理人が計算
※1 下記の「投資対象」のとおり、2015年2月に投資先ETFが変更になったタイミングで、海外ETF分の信託報酬が低下しています。


リンク

基準価格推移やリターン情報
運用会社(SBIアセットマネジメント)公式サイト
販売会社(SBI証券)公式サイト
運用報告書
運用会社公式サイトにてダウンロード可


投資対象

2015年2月以降
ETF名:シュワブ エマージング・マーケッツエクイティETF
ベンチマーク:FTSE・エマージング・インデックス
投資割合:90%
投資対象:新興国の株式市場全体


ETF名:iシェアーズ コア MSCIエマージング・マーケッツ ETF
ベンチマーク:MSCIエマージング・マーケッツ インベスタブル マーケット インデックス
投資割合:10%
投資対象:新興国の株式市場全体(小型株を含む)
2015年2月以前
ETF名:バンガード FTSE・エマージング・マーケッツ ETF
ベンチマーク:FTSE エマージング・マーケッツ・オールキャップ中国A株トランジション・インデックス
投資割合:90%
投資対象:新興国の株式市場全体


ETF名:iシェアーズ MSCI・エマージング・マーケット・ミニマム・ボラティリティ ETF
ベンチマーク:MSCIエマージング・マーケット・ミニマム・ボラティリティ・インデックス
投資割合:10%
投資対象:新興国の株式市場全体(小型株を含む)


詳細解説

EXE-i 新興国株式ファンド
は、新興国に投資する2種類の海外ETF(上場投資信託)に投資する投資信託商品です。
投資信託(ETF)に投資する投資信託ですのでファンドオブファンズです。
ファンドオブファンズは信託報酬が二重にかかってくるため一般的に高額になりがちですが、信託報酬が格安の海外ETFに投資することで0.3%台という割安な信託報酬を実現しています。
私が2016年にiDeCoの加入先としてSBI証券を選択したののも、この商品を扱っていることが決め手でした。楽天証券の新興国株式向け商品の信託報酬は0.59%でしたので。
ただその後、マネックス証券が信託報酬0.2%台の
eMAXIS Slim新興国株式インデックス
を扱い始めましたので、SBI証券もそれに負けない商品を扱い始めてほしいですね・・・。


◆2018.2.1追記

負けない商品を扱い始めました。
SBIは流石ですね。
2018年11月からSBI証券がセレクトプランという新プランを開始し、セレクトプランではマネックス証券と同じ
eMAXIS Slim新興国株式インデックス
を投資先として選択できるようになりました。

そのためセレクトプランにプラン変更をした上で、投資先をこの商品から
eMAXIS~に変更することにしました。
セレクトプランへの変更はこちらのページから手続きすれば可能です。



新興国の株式は最もハイリスクハイリターンな分野です。
ですがJPモルガン公式サイト内の
「今後10~15年の資産クラス別の期待リターン2018年版」

を見ると、米国株や先進国株は4%台なのに対し、新興国株式は6.5%となっています。つまり長期的にみれば新興国株式は大きく期待できるということです。
そのため管理人はSBI証券でiDeCoに加入後、毎月の掛金23,000円のうちの半分をこのファンドの購入に充てています。
残り半分は日本以外の先進国株式に投資するDCニッセイ外国株式インデックスファンドに充てています。

直近の更新履歴

2019年
3/13
iDeCoの管理人の運用成績レポートを更新。
2/15
iDeCoの管理人の運用成績レポートを更新。
(一気にプラス運用に返り咲きました^^)
2/1
iDeCo投資信託プラン(信託報酬)の比較ページなどを更新。

※2018年11月よりSBI証券が開始した新プラン(セレクトプラン)で投資可能な商品を追記しました。
(T様、情報ありがとうございました。)


管理人作成の他のサイト

格安SIM(MVNO)デビューガイド
大手3社(ドコモ、au、ソフトバンク)から格安SIMに乗り換える方法などを紹介しています。
スマホ代を節約したい方はぜひアクセスしてみて下さい。
PR リクルートカード

管理人も実際に使用しているクレジットカードです。   
年会費無料でポイント還元率も1.2%と高くおすすめです。

このページのトップへ戻る▲