【サイト内検索】

iDeCoに加入できる方(2017年1月に改正)

記事更新日:2018.10.1


加入可否 最高でいくら掛金を拠出可能か?
~2016 2017~ 月額 年額
20~59歳の
個人事業者学生無職の方

可能
68,000円 816,000円
20~59歳の専業主婦
で、夫が自営業者の方

可能
68,000円 816,000円
20~59歳の専業主婦
(年収130万円以内のパートを含む)
で、夫が会社員か公務員の方

不可

可能
23,000円 276,000円
59歳以下(下限年齢なし)の
企業年金(※1)のない会社員

可能
23,000円 276,000円
59歳以下(下限年齢なし)の
企業年金(※1)のある会社員

不可

可能
(※2)12,000円

(※2)20,000円
144,000円

240,000円
59歳以下(下限年齢なし)の
公務員

不可

可能
12,000円 144,000円

厚生労働省の資料(改正法律案)を基に作成しています。詳細は同資料を参照願います。
※1 厚生年金基金、確定給付企業年金、企業型確定拠出年金など。どの企業年金に加入しているか不明な場合は、勤め先の担当者に確認願います。
※2 会社員の状況別の拠出限度額はこちらのページを参照願います。

上記のとおり2017年1月から大幅に加入対象者が拡大します。
しかし誰でも加入すべきかというと、そうではないと思います。詳しくは
iDeCo(個人型確定拠出年金)が向いている方は?
で取り上げていますので、よかったら参照してみて下さい。

直近の更新履歴

2019年
1/15
iDeCoの管理人の運用成績レポートを更新。


管理人作成の他のサイト

格安SIM(MVNO)デビューガイド
大手3社(ドコモ、au、ソフトバンク)から格安SIMに乗り換える方法などを紹介しています。
スマホ代を節約したい方はぜひアクセスしてみて下さい。
PR リクルートカード

管理人も実際に使用しているクレジットカードです。   
年会費無料でポイント還元率も1.2%と高くおすすめです。

このページのトップへ戻る▲