【サイト内検索】

楽天生命 総合保障保険「スーパー2000」 評価

記事作成日:2018.4.7


評価 リンク
公式サイト
契約概要(2017年4月版)


評価コメント

楽天生命の総合保障保険「スーパー2000」
は、年齢や性別にかかわらず保険料が一律で月額2,000円の保険です。

保険料が固定されている代わりに、保障内容が年齢により異なっています。
例えば入院給付金は、


20~49歳:日額6,000円
50~54歳:日額5,500円
55~59歳:日額2,500円
60~64歳:日額2,000円


というように、若いほど給付額が大きくなっています。

また総合保障保険という名称だけあり、入院給付金だけでなく、がんで入院した時のみ上乗せで受け取れるガン治療給付金や、亡くなってしまった時に遺族が受け取れる死亡保険金なども盛り込まれています。

そして更に1年間入院しなかった場合には、健康祝い金(無入院給付金)も受け取れます。祝金の額も年齢によって異なりますが、例えば20~39歳の男性ですと6,000円です。
年間の保険料は24,000円で、祝金で戻ってくるのが6,000円ということは、年間で払った保険料の25%が入院しなければ戻ってくるということです。これを考慮すると実質の月払保険料は1,500円です。


このような保険、見たことありませんか?

そうです。共済系
都道府県民共済コープ共済全労済
にとても似ています。
というより、それらを意識して作ったのだと思います。


ただ失礼ながら、共済系のほうが内容はだいぶ上だと思います。
例えば都道府県民共済とこの保険の比較が下の表です。


都道府県民共済
生命共済 総合保障2型
楽天生命「スーパー2000」

※保障内容や健康祝金が最も好条件な
20~39歳の男性が加入した場合
リンク 公式サイト(都民共済) 公式サイト
月掛金 2,000円 2,000円
割戻率 約30%

無条件で年間に払った保険料の
約30%が戻ってくる。割戻率は
都道府県によって異なる。
25%

無入院だった場合のみ年間に払った
保険料の25%が戻ってくる。
実質の月払保険料 1,400円程度 1,500円
入院 事故 1日当たり5,000円

(1~184日目まで)
1日当たり6,000円

(1~60日目まで)
病気 1日当たり4,500円

(1~124日目まで)
通院 事故 1日当たり1,500円

※14日以上通院した時のみ給付
※最大90日まで給付
1日当たり2,000円

※入院後の通院のみ給付
※最大30日まで給付
がんの治療のために
入院した場合
20万円
死亡

重度障害
事故 800~1,000万円 300万円
病気 400万円 100万円

上の表を見ると、楽天生命が明らかに優勢なのは、がんの治療のために入院した場合に20万円を受け取れる点だけです。
それ以外は都道府県民共済が同等あるいは優勢だと思います。

しかも楽天生命のほうは、保障内容や健康祝い金が最も好条件な20~39歳の男性が加入した場合で記載しています。40代以上は段階的に保障内容が落ちますし、女性は20代から男性よりも健康祝い金の額が少額です。

都道府県民共済のほうは、60歳までは年齢性別にかかわらず一律で上記の表の内容ですので、頭2つ以上は都道府県民共済のほうが個人的には優勢だと思います。


以上からこの保険はおすすめできません。

直近の更新履歴

2019年
8/18
ソニー損保の医療保険 SUREの評価ページを新設。
8/15
iDeCoの管理人の運用成績レポートを更新。
7/16
iDeCoの管理人の運用成績レポートを更新。


サイトへの寄付のお願いについてはこちら


管理人作成の他のサイト

格安SIM(MVNO)デビューガイド
大手3社(docomo、au、ソフトバンク)から格安SIMに乗り換える方法などを紹介しています。
スマホ代を節約したい方はぜひアクセスしてみて下さい。
このページのトップへ戻る▲