【サイト内検索】

プルデンシャル生命 総合評価

記事更新日:2018.5.25

各種データ

リンク 総合
評価
保険別の評価
公式サイト
ウィキペディア
格付&ソルベンシーマージン比率
定期 収入保障 がん 医療 終身 学資 個人年金


評価コメント

ソニー生命は昔はソニー・プルデンシャル生命という会社でした。
両社は現在は何も繋がりはないようですが、販売スタイルはとても似ており、どちらもライフプランナーと呼ばれる営業マンによる質の高いコンサルティング力(相談力)をウリにしているようです。

そのためか、このプルデンシャル生命、公式サイトに保険料の例が一切載っていません。多種多様な保険は扱っているようですが、どの保険も、
「まずは営業マンに相談を申し込んで下さい。」
というスタンスです。

そこで今回、保険料比較のために管理人が試しに相談を申し込んでみました。
すると、確か当日中に担当者から電話が入りました。


「定期保険を検討しているんですが、30歳男性、死亡保険金1,000万円、保険期間10年の場合、月払保険料はいくらでしょうか?」

プルデンシャル生命営業マン
「今、取り急ぎ出先から連絡したので、手元に資料がないため試算できません。申し訳ありません。明日確認し連絡します」

そして翌日。

プルデンシャル生命営業マン
「ご希望のプランの場合、月払保険料は2,560円(※当時)です。」

管理人
「そんなにするんですか・・・。安いところだとその半額くらいのところもありますが・・・?」

プルデンシャル生命営業マン
「そうですね。正直なところ価格勝負ではうちは厳しいです。ただしお客様にとって必要な保険のみをしっかり提案できるという自信はあります。」


そしてその後、他の保険のことなどいろいろな話をし、お礼を言って終話しました。
この営業マンの方、とても感じがよく、保険の知識も豊富で、本当に信頼できそうな方でした。

ただ残念なのが保険料。定期保険評価ランキング収入保障保険評価ランキングのとおり、日本の大手生命保険会社並の高額・・・。消費者側からすれば多少保険料が割高でも、信頼できる営業マンから加入したいと思うものです。しかしそうは言ってもここまで高額だと推奨できません。

せっかくこんな良質な営業マンを揃えているなら、もう少し保険料を良心的な価格にすれば、すごく売れるようになるだろうなあと思います。「もったいない」の一言に尽きます。

直近の更新履歴

2019年
11/14
iDeCoの管理人の運用成績レポートを更新。
11/1
母子家庭の保険の選び方を新設。
10/26
はなさく生命の新商品、はなさく一時金(特定疾病一時給付保険)の評価ページを新設。


サイトへの寄付のお願いについてはこちら


管理人作成の他のサイト

格安SIM(MVNO)デビューガイド
大手3社(docomo、au、ソフトバンク)から格安SIMに乗り換える方法などを紹介しています。
スマホ代を節約したい方はぜひアクセスしてみて下さい。
このページのトップへ戻る▲