【サイト内検索】

日本生命 ニッセイ学資保険 評価

記事更新日:2018.4.17

評価データ

販売時期 評価 返戻率(戻り率) クレジット
払い
配当
大学入学までを
重視プラン
※1
大学入学以降を
重視プラン
※2
2017年4月~ 100.3~102.6%
(年払100.7~103.1%)
101.7~104.0%
(年払102.0~104.4%)
不可
(※3)

あり
~2017年3月 103.6~108.6%
(年払104.2~109.2%)
105.0~110.0%
(年払105.6~110.7%)
~2014年3月 108.6%~114.0%

※返戻率は下記の契約内容時のものです。
「契約者30歳男性、こども0歳、保険料払込期間18年、月払、こども祝金なし型」
※1 18歳時にすべての保険料払込が終了後、解約して解約返戻金を受け取った場合。
※2 高3~大4までの5年間、毎年年金を受け取った場合。
※3 日本生命はクレジットカード払いの扱いのある保険会社ですが、この学資保険についてはクレジット払い不可です。


出生前加入 選択可能な保険料払込期間
出産予定日の
140日前から可
以下から選択可能
・5年
・10年
・学資年金開始時まで(※)

※ 学資年金開始年齢を17歳にした場合はお子様が17歳時点まで、18歳にした場合は18歳時点まで保険料を払い込むことになります。


リンク
公式サイト(保険料試算可)
学資保険評価ランキング
加入レポート
雑所得の計算方法


評価コメント

ニッセイ学資保険
は、お子様が小さい時に加入して保険料を積み立てていくと、大学入学前や在学中に学資金として大金を受け取れる、オーソドックスな学資保険です。

2017年4月に保険料が値上げされ返戻率も大きく低下してしまったため、評価をに下げました。


※2017年3月以前から加入している方は、加入時の保険料がそのまま継続します。加入中の保険の保険料が途中で値上げされるわけではありません。



しかしその後、あくまで押し出された形ではありますが、これまで返戻率が断トツだったソニー生命の学資保険が2017年11月に値上げされ返戻率が低下したことから、評価ランキングのとおり学資保険の中では最有力候補の1つになったと思います。

学資保険を検討中の方は、もう1つの最有力候補であるJA共済の学資保険と比較の上で決められるとよいと思います。
学資保険の選び方の結論でこの2社の特徴や比較を取り上げていますので、詳しくはそちらを読んでもらえればと思います。


保険料の見積もりは公式サイト上から可能です。
申込は日本生命直営の代理店ニッセイ・ライフプラザ からのみになるようです。私が実際にライフプラザで申込をした際のレポート記事も、よかったら参考にしてみてください。

直近の更新履歴

10/20
iDeCoコーナー老齢給付金を終身年金で受け取る方法を新設。
10/15
アクサダイレクト生命の新商品
就業不能保険「働けないときの安心」の評価ページ
を新設。
保障内容が日本生命と似つつ、保険料は約3分の2の安さとなっています。
10/12
NISAコーナーに
「海外ETFの買いタイミングについて」
を新設。
現在、ダウ平均株価が暴落しているため、前から書きたかった内容を記事にしてみました。


管理人作成の他のサイト

格安SIM(MVNO)デビューガイド
大手3社(ドコモ、au、ソフトバンク)から格安SIMに乗り換える方法などを紹介しています。
スマホ代を節約したい方はぜひアクセスしてみて下さい。
PR リクルートカード

管理人も実際に使用しているクレジットカードです。   
年会費無料でポイント還元率も1.2%と高くおすすめです。

このページのトップへ戻る▲