【サイト内検索】

マニュライフ生命 こだわりガン保険 評価

記事更新日:2018.7.10

評価データ

総合
評価
更新タイプ 診断給付金 上皮内がん
の保障
がん診断時に以後の
保険料払込免除
主契約 先進医療
特約
給付
回数
2回目以降
の給付条件
終身型
定期型

無制限

診断給付金
減額

あり(有料)
※悪性新生物時のみ

※この保険では悪性新生物診断給付金という名称


リンク

s

評価コメント

こだわりガン保険
は、2016年1月に新発売された終身がん保険です。
他社のガン保険にはない特徴として


ノンスモーカー割引(非喫煙者割引)
重度ステージと診断確定された場合の給付金(1回のみ)


があります。
ノンスモーカー割引で加入するための条件は過去1年以内に喫煙していないこと。パンフレットの4ページに載っている一例では、


割引なし:月払保険料4,187円
割引あり:月払保険料3,564円


と、約15%もノンスモーカー割引適用時は保険料が安くなっています。
がんの予防と早期発見コーナーでも取り上げていますが、喫煙は様々なガンの発症率を高めることが明らかですので、このような割引を設定するのは個人的にはとても有意義だと思います。定期保険収入保障保険は非喫煙者割引を導入している会社が多いですが、ガン保険ではほとんど見たことがありません。導入が進むことを期待したいと思います。

また重度ステージと診断確定された場合の給付金も、加入者のことをよく考えた給付金だと思います。重度ステージは具体的にはステージ3以上の進行ガンや、特定のガン(悪性度の高い脳腫瘍など)が該当します。悪性新生物診断給付金100万円プランに加入している方が、重度ステージと診断された場合、下記のように給付金額が増額します。


悪性新生物診断給付金:100万円
重度ステージ診断確定時の上乗せ:100万円
合計:200万円


早期ガンと比較して、進行ガンの場合は治療費が必然的に高額になりますので、このような給付金は合理的で有意義だと思います。

しかしながら、この保険には下記2点の弱点があります。


・先進医療特約の保険期間が定期型であるため、特約保険料が将来的に値上げされる可能性がある ※詳細はこちら

・ガン診断給付金の2回目以降の給付条件が、評価ランキング上位の保険と比べると劣っている。


そのため個人的には推奨はできません。画期的な要素が多いだけに、これらの弱点がとてももったいないと思います。

直近の更新履歴

10/20
iDeCoコーナー老齢給付金を終身年金で受け取る方法を新設。
10/15
アクサダイレクト生命の新商品
就業不能保険「働けないときの安心」の評価ページ
を新設。
保障内容が日本生命と似つつ、保険料は約3分の2の安さとなっています。
10/12
NISAコーナーに
「海外ETFの買いタイミングについて」
を新設。
現在、ダウ平均株価が暴落しているため、前から書きたかった内容を記事にしてみました。


管理人作成の他のサイト

格安SIM(MVNO)デビューガイド
大手3社(ドコモ、au、ソフトバンク)から格安SIMに乗り換える方法などを紹介しています。
スマホ代を節約したい方はぜひアクセスしてみて下さい。
PR リクルートカード

管理人も実際に使用しているクレジットカードです。   
年会費無料でポイント還元率も1.2%と高くおすすめです。

このページのトップへ戻る▲