【サイト内検索】

かながわ県民共済と神奈川県の全国共済の比較

記事作成日:2018.7.5


都道府県民共済グループの神奈川県における名称は
「神奈川県民共済」
ではなく
「全国共済」
です。
なぜなら神奈川県には
「かながわ県民共済」
という名称の別団体があるからです。

神奈川県に在住 or 勤務されている方は、どちらにも加入できます。
せっかくの機会なのでこの2つを比較してみました。
全国共済のほうは私が医療保険として高く評価している入院保障2型を、かながわ県民共済のほうは入院保障2型と同じ入院日額1万円になるようにした
県民共済活き生き1500+入院特約
というプランで比較してみました。


  都道府県民共済 かながわ県民共済
入院保障2型 県民共済活き生き1500+入院特約
リンク 公式サイト(全国共済) 公式サイト(かながわ県民共済)
申込可能年齢 18~64歳 18~75歳
月掛金 2,000円 2,500円
保障内容 18~60歳まで
一律で以下の保障内容

※60~65歳は以下に記載の
保障内容よりも低下する
18~59歳まで
一律で以下の保障内容

※60歳以降は以下に記載の
保障内容よりも低下する
割戻率 29.91%
(2016年度 全国平均)
20%
2016年度
実質の月掛金
※上記割戻率を考慮した掛金
1,402円
※都道府県により差あり
2,000円
入院 事故 日額 10,000円
(1~184日目まで)
日額 10,000円
(1~200日目まで)
病気 日額 10,000円
(1~124日目まで)
日額 10,000円
(1~124日目まで)
通院 事故 通院当初から
日額 1,500円
(14日以上90日まで)
日額 750円
事故日から180日以内
実通院90日分限度
手術 2.5万円・5万円・10万円 2.5万円・5万円・10万円
先進医療 1~150万円 ~250万円
高血圧でも加入可能か? 一定条件を満たせば可
詳細はこちら
一定条件を満たせば可
詳細はこちら
死亡
重度障害
病気 10万円 200万円
不慮の事故 400万円
交通事故 500万円
障害 不慮の事故 6~160万円
交通事故 7.5~200万円


2つを見比べてみると、医療保障部分は両者ほぼ互角だと思います。
異なるのは掛金と死亡保障部分。かながわ県民共済のほうは亡くなってしまった時に200~500万円死亡保険金を遺族が受け取れます。全国共済のほうは10万円ですから、ここが大きな違いです。しかしその分、かながわ県民共済は実質の月掛金が600円ほど高いです。
以上を評価すると、コストパフォーマンスはほぼ互角かなと思います。

ただし個人的には、死亡保障
(亡くなってしまった時に遺族が大金を受け取れる機能)
は別途収入保障保険で備えることをおすすめしていますので、


死亡保障が厚くなっている分、掛金も高い「かながわ県民共済」


よりも、


死亡保障がほぼない分、掛金も安い全国共済


のほうがおすすめです。
かながわ県民共済は入院保障2型のような
「単独で加入できる医療保障に特化したプラン」
がないのです。

以上、よかったら参考にしてみてください。

直近の更新履歴

2021年
1/3
iDeCoの管理人の運用成績レポートを更新。


管理人作成の他のサイト

格安SIM(MVNO)デビューガイド
大手3社(docomo、au、ソフトバンク)から格安SIMに乗り換える方法などを紹介しています。
スマホ代を節約したい方はぜひアクセスしてみて下さい。
このページのトップへ戻る▲