【サイト内検索】

先進医療保険 リンククロス コインズ 評価

記事作成日:2017.3.23

評価データ

評価 リンク 保険期間
公式サイト
2016年9月発売告知
先進医療特約コーナー

1年


評価コメント

◆どんな保険か?

先進医療と臓器移植に特化した保険
Linkx coins(リンククロス コインズ)


は、文字通り先進医療に特化した保険です。
先進医療を受けた際に、先進医療給付金(技術料相当額)と先進医療一時金(5万円)を受け取ることができます。例えば技術料300万円の先進医療を受けた場合は、2つの給付金を合わせて305万円を受け取ることができます。

また臓器移植を受けた際には、臓器移植医療給付金1,000万円を受け取ることができます。対象の臓器は心臓、肺、肝臓、すい臓、小腸、腎臓です。どの臓器の移植であっても一律1,000万円です。

月払保険料は老若男女問わず500円。契約可能年齢は20~69歳。保険期間は1年で、上限年齢なしの自動更新です。つまり69歳までに加入してしまえば、その後は加入者側から解約を希望しない限りは亡くなるまで保障が続きます。



◆管理人の評価

個人的にはあまり評価できる保険ではありません。
その理由は2つあります。

1つは保険料が高いことです。
近年発売されている医療保険がん保険は、その多くが先進医療特約を付加できるようになっていますが、特約の保険料の相場は月々100円くらいです。それを考えると月額500円はかなり高いという印象があります。けれど月額100円の保険では単価が安すぎて商売にならないため、臓器移植給付金を付け足すことで単価を上げたのだと思います。しかも移植手術の費用は臓器によって大きく異なるにもかかわらず、臓器移植給付金を一律1,000万円にしています。言葉は悪いですが、雑というか強引さを感じます。
この保険はインターネット販売専門となっていますので、販売に要する経費は極限まで抑えられているはずです。ですからそこまで無理に単価を上げる必要があるのかな?と思います。


そしてもう1つが保険期間が1年となっていることです。
これが個人的には本当に大きなデメリットだと思います。
保険期間が1年ということは、自動更新する際の保険料は1年ごとに見直しされるということです。つまり、将来的に値上げの可能性があるのです。



「保険期間:終身 月払保険料:500円」
という保険の場合

月払保険料は500円のまま値上げする可能性がない
「保険期間:1年(自動更新) 月払保険料:500円」
という保険の場合

保険料が1年ごとに見直しされる。
そのため、例えば10年後の月払保険料が500円のままである可能性もあるし、
1,000円に値上げされている可能性もある。


先進医療は次々と新しいものが登場していますし、普及も急速に進んでいます。
そのため、更に高額な先進医療が登場したり、今より多くの方が受けるようになったりすれば、保険料もそれに伴って値上げされる可能性があります。

ですので特設ページでも取り上げていましたが、先進医療特約は保険期間が「終身」になっているもの、つまり値上げの可能性がないものを推奨しています。


◆総括

以上から、個人的にはあまり評価できないためとしました。
保険期間が終身で月払保険料が150円くらいまでだったら、加入希望者がたくさんいると思うのですが。

先進医療の保障がほしい方は、先進医療特約付きの終身がん保険
(先進医療特約の保険期間が終身になっているもの)
への加入を推奨します。既に終身がん保険に加入済の場合でも、あとから先進医療特約だけを付加できる会社もありますので、一度加入している会社に問い合わせてみるとよいと思います。

後から付加することができない上、先進医療の保障がやはりどうしてもほしいという場合に限り、この保険は検討されるとよいと思います。


直近の更新履歴

10/20
iDeCoコーナー老齢給付金を終身年金で受け取る方法を新設。
10/15
アクサダイレクト生命の新商品
就業不能保険「働けないときの安心」の評価ページ
を新設。
保障内容が日本生命と似つつ、保険料は約3分の2の安さとなっています。
10/12
NISAコーナーに
「海外ETFの買いタイミングについて」
を新設。
現在、ダウ平均株価が暴落しているため、前から書きたかった内容を記事にしてみました。


管理人作成の他のサイト

格安SIM(MVNO)デビューガイド
大手3社(ドコモ、au、ソフトバンク)から格安SIMに乗り換える方法などを紹介しています。
スマホ代を節約したい方はぜひアクセスしてみて下さい。
PR リクルートカード

管理人も実際に使用しているクレジットカードです。   
年会費無料でポイント還元率も1.2%と高くおすすめです。

このページのトップへ戻る▲