【サイト内検索】

収入保障保険「FWD収入保障 引受緩和」 評価

記事作成日:2018.8.7

評価データ

評価 加入時の
審査タイプ
非喫煙者
割引
三大疾病時
保険料払込
免除特約
保険金受取方法の自由度 リビング
ニーズ特約
全額
一括受取
一部
一括受取
残金
一括受取
引受基準緩和型
なし
なし

可能

1回のみ
可能

可能

あり

※既往症がある方(過去に大きな病気をされていたり持病で薬を常用している方)でも加入しやすいタイプです。


リンク
公式サイト
発売告知(2018.8)
パンフレット(2018.8)


評価コメント

FWD収入保障 引受緩和
は、被保険者が
「亡くなってしまった時 or 高度障害状態となってしまった時」
に、遺族が保険金年金一時金で受け取れる収入保障保険です。
(参考リンク:収入保障保険とは?

収入保障保険は一般的に既往症のない方
(過去に大病をされたことがなく持病の薬の服用もない方)
のみ加入できる保険です。しかしこの保険は加入時の審査が緩くなっており、既往症のある方であっても



・過去5年以内にガンで治療を受けたり入院をしたことがない
・過去3ヵ月以内に医師から入院や手術、検査を勧められたことがない



など、一定の条件を満たせば加入できるようになっています。
(詳しい条件はパンフレットの2ページを参照願います)

このように加入時の審査が緩くなっているタイプを
引受基準緩和型(ひきうけきじゅんかんわがた)
といいます。収入保障保険で引受基準緩和型は、私の知る限りこの保険が初めてです。


そして評価ですが、あくまで消去法ではあるものの、既往症のある方でも加入できる掛け捨て型の死亡保険
定期保険と収入保障保険
の中では、現状では最有力だと思います。

引受基準緩和型は、審査が緩くなっている代わりに保険料が高いです。この保険も、同じ富士生命の告知型(審査が厳しいタイプ)の収入保障保険であるFWD収入保障と比較すると、2.5~3倍程度も保険料が高いです。
けれどそれでも、もしも亡くなってしまった時には払った保険料を大幅に上回る保険金を遺族が受け取れるケースがほとんどだと思いますので、保険としての価値は十分あると思います。ですので私がもしも



子育て中なので、亡くなってしまった時には遺族が大金を受け取れる掛け捨て型の死亡保険に加入したい。けれど持病があって告知型の保険には加入できない。



という状況であれば、この保険を前向きに検討すると思います。
引受基準緩和型の掛け捨て型の死亡保険の中では、これまでは
アクサダイレクト生命の引受基準緩和型定期保険「はいりやすい定期」
が個人的には最有力候補でした。けれどこの保険のほうが保険料がやや割安ですし、保険金の受取方法は告知型と同一で利便性も高いことから、今後はこの保険が最有力候補になったと思います。

保険料が高いので気軽におすすめはできないため評価はとしましたが、
(もっと保険料は下げられるはず・・・という期待も込めて)
上のような状況の方であれば検討価値があるのは確かだと思いますので、一度見積りを取って検討されるとよいと思います。
見積りは公式サイト上のフリーダイヤルで問い合わせれば可能なようです。推奨プランは収入保障保険 推奨プランまとめで記載していますので、よかったら参照してみてください。

申込はインターネットや郵送ではできないため、代理店(保険ショップなど)からになるようです。最寄りの代理店がどこにあるのかは、公式サイト上のフリーダイヤルに問い合わせれば案内してもらえるようです。


補足

・既往症がある型でも告知型(審査が厳しいタイプ)の死亡保険に加入できることもありますし、会社によって加入できたりできなかったりもします。 例えば高血圧で薬を服用されている方でも、コープ共済の定期保険なら一定条件をクリアすれば加入できます。
ですのでまずは告知型の定期保険収入保障保険を何社か審査してみて、それでもやはり審査が通らなかったら引受基準緩和型を検討されるとよいと思います。
「断られるかもしれない」
と思いながら何社も審査をするのは精神的にとても酷だとは思います。けれどやはり保険料の差額はとても大きいですから、
「自分は告知型には恐らく加入できないから」
と決めつけて、最初から引受基準緩和型を検討してしまうのはもったいないと思います。


・この保険には、加入してから1年以内に亡くなってしまった場合に限り、その後に遺族が受け取れるようになる年金月額が通常の半額になるという制約があります。例えば年金月額10万円プランに加入していた場合は、5万円になってしまうということです。ただし不慮の事故で亡くなってしまった場合は、この制約はありません。


・この保険には
配偶者同時災害死亡時割増特則
という特約があります。これは夫婦が交通事故などの不慮の事故で同時に亡くなってしまった場合に、年金を割増して受け取れる特約です。「同時」と言っても少し幅があり、事故から180日以内に亡くなってしまった場合であれば同時に該当します。
割増額
災害割増遺族年金という名称)
は元々の年金月額と同額です。例えば年金月額10万円プランに加入していた場合に該当したら、割増分も年金月額10万円、つまり合計で年金月額20万円になります。
あくまで不慮の事故だけが対象であり、夫婦ともに病気で180日以内に亡くなってしまった場合は適用されません。

特約保険料は無料ですのでぜひ付けましょう。夫婦が同時に事故で亡くなってしまうケースは非常に少ないとは思いますが、それにしても無料というのは驚きです。ただし加入時には配偶者の同意と申込書への署名だけ必要です。

直近の更新履歴

2019年
1/15
iDeCoの管理人の運用成績レポートを更新。


管理人作成の他のサイト

格安SIM(MVNO)デビューガイド
大手3社(ドコモ、au、ソフトバンク)から格安SIMに乗り換える方法などを紹介しています。
スマホ代を節約したい方はぜひアクセスしてみて下さい。
PR リクルートカード

管理人も実際に使用しているクレジットカードです。   
年会費無料でポイント還元率も1.2%と高くおすすめです。

このページのトップへ戻る▲