【サイト内検索】

コープ共済 たすけあい 医療・女性・ベーシックコース 評価と推奨プラン

記事更新日:2018.6.30

たすけあいの各コース

医療コース 女性コース ベーシックコース
V1000円コース V2000円コース
V4000円コース
L2000円コース
L3000円コース
L4000円コース
R3000円コース
R4000円コース
申込可能年齢 0~64歳 0~54歳
保険期間(保障期間) 定期 65歳まで
月掛金(保険料) 1,000円 2,000円
※V2000円のとき
2,000円
※L2000円のとき
実質の月掛金
割戻率(2016年度)
を考慮した掛金
783円 1,566円
※V2000円のとき
1,566円
※L2000円のとき
審査タイプ ※1 引受基準緩和型 告知型
先進医療特約
を付加できるか?
不可 可能
告知型のコースに
高血圧などでも加入可能な
条件付加入制度があるか?
なし あり
評価

※1 後述します


リンク
公式サイト
他の共済との比較
医療保険評価ランキング


医療コース&女性コース 評価コメントと推奨プラン

たすけあい 医療コース
たすけあい 女性コース
は、ケガや病気で入院をした時などに給付金を受け取れる医療保険です。

詳しくはこちらのページで記載していますが、私は医療保険は加入するのであれば若い年代
(定年退職する頃まで)
だけをカバーする定期医療保険を推奨しています。
この保険は
65歳までは保障内容も保険料も一律
という内容のため、この条件を満たしています。
その上、払った掛金のうち使われなかった分が割戻金として戻ってくるため、月掛金2000円コースの実質の月掛金が近年は1,600円程度となっており、これは他社の定期医療保険と比較すると、
保障内容のわりに保険料が安い
です。
ただし他の共済と比較すると、都道府県民共済の入院保障2型よりは劣るように思います。そのため都道府県民共済を優先的に検討し、そちらに加入できない場合はこの保険を検討されるとよいと思います。


推奨プランは、男性は月掛金2,000円のV2000円コース、女性はL2000円コースです。月掛金が3,000円以上のコースもありますが、私はこちらのページのとおり医療保険は加入するにしてもお守り代わりとして少しだけ加入しておくのがよいと考えていますので、月掛金2,000円コースで十分だと思います。

月額100円の先進医療特約をつけるかどうかはこちらのページを参照願います。

女性専用の医療保険は私は本来は否定的
(保険料が割高な上、女性特有のがんの保障もがん保険より劣るため)
です。しかしL2000円コースは下の比較表のとおり、V2000円コースより明らかに優勢です。掛金は同じで、通院時の日額が500円だけ劣っている以外は全体的に有利ですから。そのため女性はL2000円コースをおすすめします。


医療コースと女性コースの比較
医療コース
V2000円コース
女性コース
L2000円コース
入院 事故・病気 日額 5,000円(1~184日目まで)
女性特有の疾病時
加算なし

上記に+3,000円
通院 事故 日額 1,500円
(1~90日目まで)
日額 1,000円
(1~90日目まで)
手術 2・4・8万円
長期入院(270日以上連続入院) 30万円
事故後遺障害 4~100万円
死亡

重度障害
事故 110万円 200万円
病気 10万円 100万円
家族死亡・家族重度障害 なし 1・2・5万円
住宅災害(火災・風水害等) 3・15・30万円


65歳以降の継続加入はおすすめできません

公式サイトのとおり65歳以降も別コースに移行して継続加入が可能ですが、65歳以降は徐々に保障が薄くなっていきます。そのため
こちらのページ(老後はがん保険だけで。医療保険は不要。)
で記載のとおり、60歳や65歳のタイミングなどで解約することを推奨したいと思います。



告知型と引受基準緩和型

V1000円コース以外のコースの加入時の審査タイプは告知型
(一般的に大病をされたことがなく持病の薬の常用もない方が加入可)
です。
具体的な告知事項は告知事項Bです。これを見ると、

・過去1年以内の病気やケガ
・過去1年以内の健康診断や人間ドックの結果

などを回答する必要があります。
少しでも異常を指摘されていると絶対に加入できなくなるというわけではありませんが、審査が厳しめであることはたしかです。その分、保障内容のわりに保険料は安いです。


一方のV1000円コースの審査タイプは引受基準緩和型
(持病があったりしても加入しやすいタイプ)
です。
具体的な告知事項は告知事項Aです。これを見ると、

・現在入院中か?
・今後1年以内に入院や手術をすることを医師からすすめられているか?

の2点しか問われません。
審査が緩和されている分、保障内容のわりに保険料が高めに設定されています。ただ公式サイトの保障内容を見るに、告知型のコースと比較してもそこまで割高ではない印象でしたので、評価をとしました。

とはいえやはり、加入を希望の場合は、まずは保険料がより割安な告知型のV2000円コース or L2000円コースから優先的に申込してみることをおすすめします。この2つのコースは告知型ではあるものの、高血圧症や子宮筋腫と診断されている場合などであっても条件付きで加入できる条件付き加入制度もありますので、告知型の保険の中では比較的加入しやすいと思います。



ベーシックコース 評価コメント

ベーシックコースは、


ケガや病気で入院をした時などに給付金を受け取れる医療保険

亡くなってしまった時に遺族が大金を受け取れる定期保険


の2つの機能を併せ持ったコースです。
保障内容のわりに保険料は安いとは思いますが、私は死亡保障
(亡くなってしまった時に遺族が大金を受け取れる機能)
収入保障保険で備えることをおすすめしています。そのほうが合理的で保障内容のわりに保険料が更に安いためです。
よってこのコースは個人的にはおすすめできません。
ベーシックコースに加入されるのであれば、


収入保障保険+たすけあい医療コース

収入保障保険+たすけあい女性コース


に加入されるほうがよいと思います。


申込方法

公式サイトの加入手続きの流れに詳しく記載があります。
申込書郵送またはインターネットで加入ができるようです。

直近の更新履歴

10/20
iDeCoコーナー老齢給付金を終身年金で受け取る方法を新設。
10/15
アクサダイレクト生命の新商品
就業不能保険「働けないときの安心」の評価ページ
を新設。
保障内容が日本生命と似つつ、保険料は約3分の2の安さとなっています。
10/12
NISAコーナーに
「海外ETFの買いタイミングについて」
を新設。
現在、ダウ平均株価が暴落しているため、前から書きたかった内容を記事にしてみました。


管理人作成の他のサイト

格安SIM(MVNO)デビューガイド
大手3社(ドコモ、au、ソフトバンク)から格安SIMに乗り換える方法などを紹介しています。
スマホ代を節約したい方はぜひアクセスしてみて下さい。
PR リクルートカード

管理人も実際に使用しているクレジットカードです。   
年会費無料でポイント還元率も1.2%と高くおすすめです。

このページのトップへ戻る▲