【サイト内検索】

医療保険の選び方 結論と推奨プラン 2018年版

記事更新日:2018.7.5

第1優先は都道府県民共済の入院保障2型

前ページまでで見てきたとおり、私は医療保険は加入するにしても


若い間(60歳くらいまで)だけをカバーする定期医療保険の安価なプランに、お守り程度に加入する


ことをおすすめしています。
それによって浮いたお金を老後のための貯蓄手段
iDeCoNISAなど)
に回し、老後の医療費や介護費は貯蓄でカバーすることを目指してほしいと思います。


さて、このような定期医療保険は共済系がよく扱っています。共済は地域限定や学生限定のものなどを含めると本当に多数ありますが、全国的に展開しており一般の方が加入できるものとなると、以下の3つが代表的だと思います。


都道府県民共済の入院保障2型
コープ共済のたすけあい医療・女性コース
全労済の医療安心タイプ


どれも、60歳くらいまで掛金(保険料)や保障内容が一律で、保障内容のわりに保険料が安い優良保険だと思います。
その中でもおすすめは都道府県民共済です。比較ページのとおり、この3つの中でもコストパフォーマンスは群を抜いていると思います。

推奨プランはそのままですが、月掛金2,000円の入院保障2型(特約なし)です。払った掛金のうちの30%程度は割戻金として戻ってくるため、実質の月掛金は1,400円程度という安さです。
申込方法は評価ページを参照願います。


都道府県民共済に加入できない地域の方は

都道府県民共済グループは全国47都道府県すべてでは事業を行っていません。

福井、山梨、鳥取、徳島、愛媛、高知、佐賀、沖縄

の8県には現在のところありませんので、住まいも勤務先もどちらもこの8県の方は加入できません。
ただし地域(特に県境付近)によっては隣の県の県民共済に加入できることもあるらしいので、加入をされたい場合はまずは問い合わせてみるとよいと思います。
※問合わせ先はこちら

それでも加入できないという場合(第2優先)は、


女性:コープ共済 たすけあい女性コース
男性:たすけあい医療コース or 全労済 医療安心タイプ


が個人的にはおすすめです。

直近の更新履歴

10/20
iDeCoコーナー老齢給付金を終身年金で受け取る方法を新設。
10/15
アクサダイレクト生命の新商品
就業不能保険「働けないときの安心」の評価ページ
を新設。
保障内容が日本生命と似つつ、保険料は約3分の2の安さとなっています。
10/12
NISAコーナーに
「海外ETFの買いタイミングについて」
を新設。
現在、ダウ平均株価が暴落しているため、前から書きたかった内容を記事にしてみました。


管理人作成の他のサイト

格安SIM(MVNO)デビューガイド
大手3社(ドコモ、au、ソフトバンク)から格安SIMに乗り換える方法などを紹介しています。
スマホ代を節約したい方はぜひアクセスしてみて下さい。
PR リクルートカード

管理人も実際に使用しているクレジットカードです。   
年会費無料でポイント還元率も1.2%と高くおすすめです。

このページのトップへ戻る▲