通常NISAおすすめ活用法1 株式で高利益狙い

記事作成日:2017.9.28

成長していきそうだ!と思う企業がある方なら

通常NISAの活用法は大きく分けて下記の2つがあるという話だった。


◆通常NISAの活用法

株式で高利益狙い
投資信託やETFで高確率プラス運用狙い


今日は「株式で高利益狙い」について詳しくみていくよ。
ういす。
個別の株式は値動き(株価の変動)が一般的に大きいので、ハイリスク・ハイリターンだっていう話だったよね?
そうだね。
20万円で購入した株が、1年後には2万円しか価値がなくなってしまうことだって普通にありえる。
なのでこのコースは強いリスクをかけられる人にしか向かない。つまり最悪は紙切れ同然の価値にまでに暴落してしまっても構わないという人にしか向かない。
うーん、恐ろしいな。けど逆もあり得るんだよね?
そうだね。20万円で購入した株が、1年後には120万円なんてこともありえる。


通常NISA口座の場合 通常の証券会社の口座の場合(※)
20万円で購入した株や投資信託を
1年後に120万円で売却し
利益(値上がり益)が
100万円でた場合

100万円
まるまる受け取れる
非課税

利益の20%にあたる20万
税金で引かれてしまうため
80万円しか受け取れない

※復興特別所得税は考慮していません


こうやって比較してみるとNISA口座のメリットは大きいね。20万円も税金を取られるなんてイヤだもんね。
そうだね。なので


これから絶対に株価が上昇していきそうだ!と思う企業がある

応援したい企業がある


といった方は、
「株式で高利益狙い」
に挑戦してみるとよいかもしれない。

ただし利益が出た時はNISAは有利だけど、金融庁のページのとおり損失が出た時はかえって不利になるケースもあるので注意してほしい。
なるほど。ちなみに先生はそういう企業ってあるの?
そうだなあ。応援したいのは以前勤めていたので日立製作所グループかな。けど株価が上昇していきそうだと思う企業はわからないなあ・・・。一応FPの受験勉強の時に、株価が割安な株の見分け方とかも学んだんだけど、いまいちよくわからなかった。

ただ高校生くらいの時にインターネットを始めて利用した時、

「このヤフーっていう会社、絶対成長していきそうだなあ」

って思ったんだよなあ。
その時にもしもヤフーの株を買ってたらどうなってたの?
2017年の株価は当時(1997年ころ)の約250倍だから、当時100万円で買っていたら2億5,000万円になってるわ・・・。
どへ~。
それでは次のページでは投資信託やETFで高確率プラス運用狙いについて。