例外の学資保険以外は繰り上げ返済優先

記事更新日:2016.9.17

安価な掛け捨ての保険を中心に加入し、繰り上げ返済に資金を回すのが最善策

さて、今日はまとめだ。結論から言うと下記の通り。


◆ローン(住宅ローンや車ローン)が残っている間
掛け捨ての保険
(定期保険、収入保障保険、
がん保険など)
貯蓄型保険
学資保険
学資保険代わりの終身保険
学資保険以外
(終身保険、個人年金保険、
アカウント型保険など)
加入推奨 無理がない範囲で加入推奨 加入せず余裕資金は繰り上げ
返済に回すことを推奨。


ん?貯蓄型の保険の中でも学資保険だけは加入推奨なの?
前回までで見てきたように、ローンが残っている間は貯蓄型の保険には加入せず、繰り上げ返済を優先したほうが損得で考えれば有利だ。

けど、そうはいっても子供の教育資金だけは強制的にでも用意しなければいけない。いざ子供が高校や大学に進学する時に

「繰り上げ返済にずっと全力をかけてきたので、手元にお金が全然ありません!」

となってしまうのを避けるため、教育資金だけはある意味、家計とは別口で考えて貯めておきたいもの。それには学資保険や学資保険代わりの終身保険が有利だと思う。学資保険については学資保険コーナーをよかったら見てほしい。
じゃあ学資保険だけは例外で、それ以外の貯蓄型保険はローンを返済してからだね。
そうだね。
ローンが残っている間は学資保険以外の保険は安価な掛け捨てタイプを選択し、繰り上げ返済に注力するのがよいと思う。繰り上げ返済によって住宅ローンを50代前半で完済できると、その後の老後の貯蓄がとてもラクになる。詳しくは下記の参考リンクを見てもらえたらと思う。


◆参考リンク

選び方(ライフステージ別) > 老後の貯蓄方法と保険選び

先生もそうしてるってことね!
そうだね。50代前半の完済だってそんなに簡単なものじゃないと思っているけど、なんとかそれだけは達成したいなと思っているよ。

さて今回の話はここまで。ここまで読んでくれてありがとう!
お疲れした~。