【サイト内検索】

10年以内の短期運用や安全重視なら
国内債券インデックスファンド中心で

記事作成日:2019.5.24

このページの内容



国内債券インデックスファンドはローリスク・ローリターン

さて、10年以上の長期運用なら
米国株中心のインデックスファンドがおすすめ
というのを前のページでは見てきたけど、では

10年以内の短期運用なら何がおすすめか?

それを見ていくよ。
ういす。
まずは下を見てほしい。投資信託は中身が右に行けばいくほど一般的にハイリスク・ハイリターンになるんだ。


◆地域
国内 < 海外(先進国)< 海外(新興国)

◆資産種別
債券 < 不動産(REIT)< 株式
なるほど。
つまり地域が国内、資産が債券という国内の債券が盛り合わせになっているやつが1番ローリスク・ローリターン。海外の株式が盛り合わせになっているのが1番ハイリスク・ハイリターンというわけか。じゃあ米国株中心のインデックスファンドも、やっぱりかなりハイリスク・ハイリターンな部類だったわけだね。
そうだね。
なので10年以内の短期運用だったり、長期運用であってもより安全重視でいきたいのであれば、左側のものが盛り合わせになったインデックスファンドが向いているということになる。
ということで、最も左側の組み合わせである
国内債券インデックスファンド
について詳しくみていくよ。


国内債券インデックスファンドの資産運用力は?

国内債券インデックスファンドは、
NOMURA BPI総合指数
という指数をベンチマークにしているものが多い。

ではこの指数と、米国株中心のインデックスファンドでよく採用されている
S&P500指数
の推移はどれくらい違うのか?下のグラフが2002年~2019年の推移をまとめたものなので見てほしい。

なお、NOMURA-BPI総合指数のデータを算出できるサイトが見当たらなかったので、この指数をベンチマークにしている三井住友・日本債券インデックス・ファンドというファンドの基準価額の推移で代用してみた。




※S&P500指数は始点が国内債券インデックスファンドと同値になるよう補正してあります。
うわっ、全然違うね!ここまで違いがあるのか。S&P500はまるでジェットコースターのようだね。
そうだね。
特に2008年のリーマンショック時には大暴落しているけど、国内債券はいつでも何事もないかのように緩やかに右肩上がりで上昇していっている。

ちなみにこの17年間の年平均の利回り(複利)は、国内債券が約1.6%。S&Pは約5.5%。これからは少し下がると予測されているけど、それでも国内債券は1~1.5%、S&Pは4~5%が長期的には予測されている。
なるほど。短期の運用だったり、長期でも上下変動が激しいのは避けたい安全重視の方なら、国内債券インデックスファンドは確かにいいかもね。
そうだね。けれどもっと安全なのに高運用な方法があるんだ。



国内債券インデックスファンド100%より
ローリスクなのにハイリターンな資産運用

国内 < 海外(先進国)< 海外(新興国)
債券 < 不動産(REIT)< 株式


これを見ると、国内債券のインデックスファンドだけを買うのが1番ローリスク・ローリターンだと思うでしょ?
そうだね。だって左側ほどローリスク・ローリターンなんでしょ?
いや実は、もっとローリスクなのにハイリターンな方法があるんだ。前ページで出てきた米国株中心のインデックスファンドなどの
海外株式インデックスファンドを数%程度ミックスするんだ。例えば

国内債券インデックスファンド95%
海外株式インデックスファンド5%

というようにね。
マジで?
ハイリスク・ハイリターンな海外株式インデックスファンドも購入したら、リターンは上がるとしてリスクが下がることはないでしょ!?
そう思うよね。けど下のグラフを見てほしい。


ん?
海外株式を5%ミックスしたほうが最終成績は上だから、やっぱり長期的にみればリターンは株式を混ぜた方が上だね。
そうだね。この間の複利利回りは、国内債券100%が約1.6%、混ぜたほうは約1.8%だ。
なるほど。リスクはどうなのかな?
資産運用でいうリスクとは、上下の変動が大きいか小さいかということ。変動が小さくて直線に近いほど安定していてローリスクなので、どのタイミングで購入しても元本割れの可能性がより低くなるんだ。
なるほど。そしたらオレンジ線のほうがより上下の変動が小さい気がするなあ。ってことはミックスしたほうが
ローリスク・ハイリターン
ってことか。最高じゃん。
そうだね。ミックスした方はどのタイミングで購入しても、2年後には必ずプラス運用になっている。下の表を見ても、マイナス運用だったのは17年間で2008年の1回のみという安定感だ。マイナスと言ってもたった-0.19%だしね。


年別の運用成績
西暦 国内債券
100%
国内債券95%
海外株式5%
2002 3.95% 2.54%
2003 -1.07% 0.15%
2004 1.24% 1.40%
2005 -0.28% 0.15%
2006 0.46% 1.11%
2007 2.80% 2.38%
2008 2.19%  -0.19%
2009 1.74% 2.70%
2010 1.74% 2.51%
2011 2.44% 2.42%
2012 1.79% 2.41%
2013 2.28% 3.21%
2014 3.31% 3.86%
2015 2.16% 1.82%
2016 1.10% 2.09%
2017 0.41% 2.19%
2018 1.36% 0.84%
平均 1.62% 1.86%


なるほど。これは安定感あっていいね。やっぱりミックスなんだなあ。ソフトクリームもそうだしなあ。

これだけ安定感あって利回り1.8%なら銀行預金とかより全然いいね。お母さんに教えてあげようかなあ。
そうだね。
銀行に預けたままになっている余裕資金を、なるべく安全かつちょっとは増やしたいというのであれば、この方法は有力だと思う。

ただし非常にローリスクとはいえ、ノーリスクの銀行預金と違って元本割れの可能性があるにはある。特に2年以内の短期運用だとね。上の例でも、例えば2007年の基準価額が10,700円のタイミングで購入して、2008年の10,600円のタイミングで売却した場合なら、少額とはいえ赤字になっている。なので投資の際はあくまで自己責任でお願いします。
ういす。しかしミックスしたほうが良くなる理由はなんなのかな?
これは難しい言い方をすると、
海外株式と国内債券が低い逆相関の関係にあるから
なんだ。
片方が上昇した時にもう片方も上昇するのが順相関
片方が上昇した時にもう片方は下落するのが逆相関だ。
なるほど。比例と反比例に似たようなものかな?
そうだね。で、順相関や逆相関といっても強さがあって

片方が+1動いた時にもう片方も+1動くのが完全な順相関
片方が+1動いた時にもう片方が0動くのが相関なし
片方が+1動いた時にもう片方が-1動くのが完全な逆相関

海外株式と国内債券は、
片方が+1動いた時にもう片方が-0.2くらい動く低い逆相関
三菱UFJ国際投信のサイトより
なのでほとんど相関なしに近いから、普段はほとんど相関していないように見えるけど、海外株式が大きく動くと国内債券が少しだけそれと逆の動きになるのが現れるんだ。
さっきのグラフを見ても、少しだけどそういう動きになっているのがわかるかな?

うーん、よーく見るとたしかに逆相関になっている気がするな。だから海外株式を5%混ぜると動きが平均化されて、より直線に近くなるってことか。

それに逆相関ってことはつまり、海外株式と国内債券は、
一緒に大暴落して共倒れすることがない
ってことだね。
そうだね。
海外株式と逆相関なのは国内債券のみ。
国内株式&海外債券は海外株式と順相関なので、海外株式が暴落したら一緒に暴落してしまう。
なので個人的には以下のようにするのがおすすめなんだ。


ハイリスクでハイリターンを狙いたいなら
米国株中心のインデックスファンド:100%
最もローリスクでそこそこのリターンを狙いたいなら
国内債券インデックスファンド:95%
米国株中心のインデックスファンド:5%
少しだけリスクを増やしてミドルリターンを狙いたいなら
国内債券インデックスファンド:80~20%間で調節
米国株中心のインデックスファンド:20~80%間で調節


ちなみにグラフにするとこんな感じ。

なるほどね。
「自分だったらオレンジ線くらいの動きが好みだな」
と思ったら、国内債券80%海外株式20%の比率でインデックスファンドを購入すればいいわけか。
そうだね。



おすすめの国内債券インデックスファンド



上の表は、記事作成時点で販売されていた国内債券インデックスファンドのうち、信託報酬が低い商品をいくつかピックアップしたものだ。
全商品が購入時&売却時の手数料なし、信託報酬0.1%台という、一般的に言って超優良ファンドだと思う。
ベンチマークも全て同じなので、もうどれを選んでも問題ないと思う。
なるほど。こりゃ迷いがなくていいね。



購入はiDeCoや通常NISA口座で

※つみたてNISA口座では購入不可につきバランスファンドで代用推奨

さて、ということでそろそろこのページのまとめを。
えーと、10年以内の短期運用や、長期であっても安全重視で運用したいなら、

国内債券インデックスファンド95%
米国株中心のインデックスファンド5%

での運用が、最もローリスクなわりにそこそこリターンも期待できておすすめってことだったね。
そうだね。
で、これらのファンドも債券や株式と同様、ネット証券会社などで購入できる。
証券会社の口座は

課税口座

非課税口座(NISA、iDeCo)

の2つに大きく分けられる。
課税口座は利益が出たらその一部(20%)を税金として納めなければいけない口座。非課税口座は利益が出ても税金がかからず、まるまる受け取れちゃう口座だ。
えーとたしか米国株中心のインデックスファンドは、課税口座はもちろん、

通常NISA・ジュニアNISA口座
つみたてNISA口座
iDeCo口座

のどれでも買えるんだったよね。
そうだね。老後に向けての貯蓄目的ならiDeCo(個人型確定拠出年金)、それ以外ならNISAが向いている。
国内債券インデックスファンドは?
これがスーパーややこしい。

課税口座
通常NISA・ジュニアNISA口座
iDeCo口座

では買えるんだけど、つみたてNISA口座では買えないんだ。


米国株中心のインデックスファンド
(海外株式100%)を購入できる口座
課税口座
通常NISA・ジュニアNISA口座
つみたてNISA口座
iDeCo
国内債券インデックスファンド
(国内債券100%)を購入できる口座
課税口座
通常NISA・ジュニアNISA口座
iDeCo
国内債券中心のバランスファンド
(国内債券50%以上)を購入できる口座
課税口座
通常NISA・ジュニアNISA口座
つみたてNISA口座
iDeCo

※SBI証券、楽天証券、マネックス証券のつみたてNISA口座で購入できるDCニッセイ ワールドセレクトF(安定型)など。


これはスーパーウルトラややこしいね。なんでつみたてNISAでは、国内債券インデックスファンドを購入できないようにしているんだろう?
わからない。このページで取り上げた方法
(国内債券95%海外株式5%)
を、つみたてNISAで
ドルコスト平均法
次ページで取り上げます)
で運用すれば、超低リスクで年利1.5%以上の運用が期待できるので、魅力的に思う方は多いと思うのになあ。


なので次善策として、国内債券中心のバランスファンドを、つみたてNISA口座で積立購入するという方法がある。
例えば国内債券の比率が60%
DCニッセイ ワールドセレクトF(安定型)
の場合。このファンドは2017年に発売されたものだけど、仮に2002年1月から2019年4月までの約17年間、毎月1万円ずつ積立購入したと仮定するとこのようになる。



※過去の日経平均トータルリターンインデックスなどから管理人が作成
なるほど。2008年のリーマンショックのところでちょっと落ち込んでいるけど、全体的には安定した右肩上がりでいいね。
そうだね。ちなみにこの間のデータは以下の通り。


購入額累計:208万円
2019年4月時点の評価額:273万円
利益:65万円
複利利回り:3%
返戻率131%


「95%:5%」で購入する時と比べるとやはり少しリスクが高い分、暴落時にはちょっと落ち込んでしまうようになっているけど、利回りはその分だけ高いし、これだけ安定していれば十分だと思う。

どうしても「95%:5%」で購入したい場合は、通常NISA口座であればその比率で積立購入ができるので、それを検討してもらえればと。
なるほど。
では次のページでは、
ドルコスト平均法と為替ヘッジについて見ていくよ。

直近の更新履歴

2019年
6/15
iDeCoの管理人の運用成績レポートを更新。
6/13
メディケア生命の新商品、メディフィットEX おくすりの保険の評価ページを新設。
6/10
三井住友海上あいおい生命の新商品、就業不能保険「くらしの応援ほけん」の評価ページを新設。


サイトへの寄付のお願いについてはこちら


管理人作成の他のサイト

格安SIM(MVNO)デビューガイド
大手3社(docomo、au、ソフトバンク)から格安SIMに乗り換える方法などを紹介しています。
スマホ代を節約したい方はぜひアクセスしてみて下さい。
このページのトップへ戻る▲