保険・運用などの相談

ブログトップページへ戻る場合はこちら


サンジ様

保険と運用について相談したく連絡いたしました。
①会社健保で付加給付されると2万ぐらいになる状態です。保険はチューリッヒのがん保険と全国共済の医療保険Ⅱ型を考えていますが、がん保険だけでもいいと思いますか?それとも現在、他におすすめ保険はあるでしょうか?今は全国共済のみ契約で、チューリッヒのがん保険を追加しようか悩んでいます。

②現在企業年金(DC年金)のみ会社で運用しています。貯金を銀行に全額預けていてもダメかなと考え始めているんですが、私みたいな場合は、どのような運用から始めるのがいいんでしょうか?イデコと今の企業年金の違いや、投資信託とNISAの違いなどが分かって いなくて。保険での貯蓄も個人年金に加入しているぐらいなので。

年収は500万前後で、夫婦2人(30歳、妻は専業主婦)
個人的な意見やアドバイスでもいいので頂けると助かります。
お時間がある時で構いませんので、返事お待ちしています。

NK
NK様

こんばんは。管理人サンジです。


>保険はチューリッヒのがん保険と全国共済の医療保険Ⅱ型を考えていますが、がん保険だけでもいいと思いますか?

「全国共済=都道府県民共済グループの神奈川県での名称」

でよいでしょうか?
以下はそうだと仮定して記載します。

私はガン保険はとても加入価値の高い保険だと考えており、それと比較すると医療保険は加入価値が低い保険だと考えています。

ましてやNK様は健保の付加給付により2万円ぐらいになる状態
(医療費の自己負担額が月額2万円くらいまでということですよね?)
とのことですので、なおさら医療保険の必要性は低いと思います。
ですのでガン保険だけでもいいとは思います。

ただ私もNK様と同じく、健保の付加給付により自己負担額は月額2万円までとなっていますが、ガン保険だけでなく医療保険にも加入しています。
加入しているのはNK様が検討中の都道府県民共済グループの医療保険Ⅱ型です。
必要性は低いとはわかってはいますが、掛金は月額1300円くらいと安価ですし、貯金も恥ずかしながらあまりないため、お守り代わりに加入しています。

医療保険はこのように、ガン保険に加入の上で、安価な優良保険にお守り代わりに少しだけ加入するのがよいと思っています。

あくまで私の個人的な意見です。
医療保険にも加入するかしないかは、あとは予算や価値観に応じて決めてもらえればと思います。



>それとも現在、他におすすめ保険はあるでしょうか?

いえ、このチューリッヒと全国共済の保険は、どちらも私のサイトの評価ランキングトップの保険ですので、
「この2つより明らかに有利なのでおすすめです」
と言えるような他の保険はありません。
特にコストパフォーマンスで見ればこの2つは抜けていると思います。



>現在企業年金(DC年金)のみ会社で運用しています。貯金を銀行に全額預けていてもダメかなと考え始めているんですが、私みたいな場合は、どのような運用から始めるのがいいんでしょうか?イデコと今の企業年金の違いや、投資信託とNISAの違いなどが分かって いなくて。


色々な制度が乱立していて、とても難しいですよね。
すべて書こうとすると長くなりすぎてしまいますので、詳しくは
iDeCoコーナーNISAコーナー
を読んで頂ければと思いますが、ここでは簡単に。

iDeCo(イデコ=個人型DC)もNISAも良い制度ですが、税制面ではiDeCoのほうが圧倒的に有利です。ですのでどちらも未加入なのであれば、iDeCoからはじめてみることをおすすめします。
ただしNK様のように勤め先で企業型DCに加入されている場合はiDeCoに加入できない可能性があります。
詳しくはこちら

ですのでまずはiDeCoに加入できるかどうかを確認してみるとよいと思います。


長くなりすぎてしまいますので一旦このあたりで。
また追加でわからないことがありましたら気軽に聞いてください。
医療保険とがん保険は全国共済とチューリッヒにしようと思います。

iDeCo限度額は会社に確認してみたいと思います。

あと他に数年前加入した明治安田生命の個人年金保険ひとすじ年金ワイドを月々1万円ずつ積立しています。その場合でも、投資信託よりiDeCoの方がよさそうでしょうか?
こんばんは。管理人サンジです。

明治安田の年金保険は数年前は業界トップクラスに利率がよかったですから、よいものに加入されていますね^^



>投資信託よりiDeCoの方がよさそうでしょうか?

iDeCoのほうがよいです。
わかりづらいですが、iDeCoでも投資信託の購入を私は推奨しています。

例えばAという投資信託を通常の証券会社の口座で1万円分購入したとします。
この場合、特に所得税や住民税が安くなることはありません。

ところが同じAという投資信託をiDeCo口座で1万円分購入したとします。するとその年に納めなければいけない所得税と住民税が、一般的な収入の方で1500円ほど少なくなります。

iDeCoのほうが有利なのが一目瞭然だと思います。

これがiDeCoの最大のメリットです。
キャッシュバック付の特別口座だと考えるとわかりやすいかもしれません。
サンジ様

本当に何から何までありがとうございます。
ご面倒をお掛けしてますので、これで最後になれればと思いますが、よろしくお願いします。

コメントありがとうございます。
明治安田生命の個人年金と、iDeCoは両方一緒に加入した方がいいと思いますか?
それともiDeCoに加入して、個人年金は解約した方がいいでしょうか?
上記の件で老後の対策は大丈夫かと思うんですが、現役世代の時は銀行に貯金するだけで、他の投資信託などには手を出さない方がいいと思いますか?

面倒な質問ばかりで申し訳ないですが、よろしいお願いします。
こんばんは。管理人サンジです。


>一緒に加入したほうがいいと思いますか?
>それとも個人年金は解約したほうがいいでしょうか?

個人年金保険の解約は絶対にしないほうがよいと思います。解約してもほとんどお金(解約返戻金)は返ってこないと思いますので、今まで払った保険料が無駄になってしまいます。それに先のコメントでも記載したとおり、数年前の明治安田の個人年金保険は業界トップクラスの優良保険でしたから。

ですので個人年金保険は続けつつ、あとは余裕がある範囲でiDeCoをやってみるとよいと思います。
なお、どうしても個人年金保険の保険料の支払をストップさせたいのであれば、解約ではなく払済保険へ変更することをおすすめします。


>現役世代の時は銀行に貯金するだけで、他の投資信託などには手を出さない方がいいと思いますか?

いえ、そんなことはありません。
iDeCoは老後のための貯金専用制度ですが、貯金したい目的は老後のためだけとは限らないはずです。現に私も、子供の将来の学費のための貯金として、来年からつみたてNISAをはじめる予定
(つみたてNISA口座で投資信託を購入しはじめる予定)
です。
銀行に貯金するだけでは今は資産が増えない時代ですから。

このあたりは本当に難しい話だと思います。
私も最初は、iDeCo、NISA、投資信託、株式、それぞれの意味がぐちゃぐちゃでした。
これらをここだけで説明しきるのは無理がありますが、ご自身で調べていく中で不明点があれば、また気軽に聞いてください。
サンジ様お忙しい中、返信ありがとうございました。
保険はガンがチューリッヒ、医療は全国共済、個人年金は明治安田生命にしました。
私の状況ではこれは悪い選択ではないでしょうか?
iDeCoとNISAまで手は出さない方がいいでしょうか?今までの話を伺った限りでは、両方加入した方がいいかと思っています。
あと、私の現状だとNISAとつみたてNISAどちらが向いていると思いますか?個人的な意見でもいいのでお願いします。
最後になりますが、これ以上サンジさんの手を煩わせたくないので、iDeCoやNISAの相談をできるとこはありますでしょうか?もしくはおすすめの店舗はありますか?
返事お待ちしています。
本当にいつもありがとうございます。
NK様

こんばんは、管理人サンジです。


>私の状況ではこれは悪い選択ではないでしょうか?

ええ、むしろよい選択だと思います。


>iDeCoとNISAまで手は出さない方がいいでしょうか?今までの話を伺った限りでは、両方加入した方がいいかと思っています。

iDeCoもNISAも税金ではありませんので、払わなければいけないものではありません。ですので最終的にはご自身の余裕のある範囲で加入されるとよいと思います。加入を今は見送るというのももちろん悪くないと思います。


>私の現状だとNISAとつみたてNISAどちらが向いていると思いますか?

貯金目的、現状の資金などを伺っていませんので一概には言えませんが・・・。
一般論としては、まとまった資金を運用したいならNISA、これから定期的に積立貯金をしていきたいならつみたてNISAが向いています。


>iDeCoやNISAの相談をできるとこはありますでしょうか?もしくはおすすめの店舗はありますか?

iDeCoもNISAも多くの証券会社や銀行が扱っていますが、実店舗があるような会社は手数料が一般的に高いです。ですのでそのようなところに相談にいくのは、まんまとカモがネギをしょってくるようなものです。
かといって他に無料で相談できるところも少ないと思います。それがiDeCoやNISAがいまいち普及しない要因だと思いますね・・・。

話がそれました、すいません。
iDeCoとNISAではないですが、私はたしか最初は投資信託協会のサイト
を見て勉強した記憶があります。
よかったら参照してみてください。

コメントを追記する場合はこちらまでメールをお願いします。