老後の資金が準備できなそうな場合は・・・

記事更新日:2016.9.17

日本はなんだかんだでしっかりした国

今回のコーナーでは、将来的な老後の毎月の必要生活費を
【単身者・・・16万円以上 夫婦・・・26万円以上】
として、それに向けて準備する方法を記載してきましたが、それを見て
「とてもじゃないけど、そんな額を準備できそうもない」
と思われる方も多いと思います。

しかし、そう強く悲観しないでほしいと思います。
(私のサイトを見て悲観してしまったとしたら本当に申し訳ないですし、それを懸念して本コーナーを公開しようかどうかだいぶ迷いました・・・)

まず第一に、
【単身者・・・16万円以上 夫婦・・・26万円以上】
という金額設定は、個人的にはだいぶ余裕があるものだと思います。これほどの月収がなくても十分生活していけると思いますし、実際にこの金額以下で生活している高齢者も相当いらっしゃいます。

そして何より、保険選びの心得でも記載していたように、なんだかんだいって日本はいい国なのです。医療費にしても介護費にしても、収入が少ない方は支払が少なくなるようにできています。
(逆に高収入の人は多めに支払うようにしっかりできています^^;)
そしてそれでも生活ができない場合は生活保護制度もあります。生活保護制度の目的は

「健康で文化的な最低限度の生活を保障するとともに、自立を助長すること」

です。読んだままのとおりですが、日本という国は

全国民が健康で文化的な最低限度の生活ができるようになっている

のです。その権利が誰でもあるのです。
それができない国が残念ながら世界にはたくさんあります。しかし日本はそれができる国なのです。そう考えればそれほど悲観しなくても大丈夫だと思います。


もしも生活費や医療費に困窮した場合は、まずは市役所などに相談してみるとよいと思います。あまり知られていないような助成制度などが実はけっこうありますので・・・。例えばこちら