かんぽ生命 総合評価

記事更新日:2018.5.25

各種データ

総合
評価
保険別の評価 リンク
定期 収入保障 がん 医療 終身 学資 個人年金 公式サイト
ウィキペディア
格付&ソルベンシーマージン比率


評価コメント

いわゆる郵便局の保険です。
郵政民営化により株式会社かんぽ生命になりましたが、これほど巨大な資産を持っていた国営組織が民営化するというのは世界でも極めて稀で、資産的には日本どころか世界最大規模の保険会社となっています。ですので、
「1番破綻の可能性が低い会社」
といえると思います。もしも破綻することになった時は、それは日本という国そのものがつぶれる時です。

ということで「破産の可能性がとても低い」というメリットはありますが、その反面、保険料はとても高額です。例えば定期保険は評価ランキングのとおり、比較した全社の中で最も高く、安価な会社の3倍近い料金となっています。保険料を安くしてしまうと、元来の民営の保険会社から
「民営圧迫だ!」
と批判を受けてしまうため、安くできないという事情があるのはわかりますが、それにしても高すぎるのでは?と個人的には思います。いくら破綻の可能性が低くてもこれだけ保険料が割高では、加入者のほうの家計が苦しくなってしまうと思います。それでは本末転倒です。

保険会社が破綻したらどうなるか?で詳しくは記載していますが、現在は経営が危機的な会社はありませんので、個人的には保険料が安価な会社を優先的に選んだほうがやはりよいと思います。


主な保険一覧

商品名 保険種別 評価
学資保険
終身保険
終身保険
個人年金保険
定期保険
養老保険