AIG富士生命 新がんベスト・ゴールドα(アルファ) 評価 2017年4月新発売

記事更新日:2017.7.10

評価データ

更新タイプ 診断給付金(類似含む) 上皮内がん
の保障
がん診断時に
以後の保険料払込免除
総合
評価
主契約 先進医療
特約
給付
回数
2回目以降
の給付条件

終身型

終身型

無制限

診断給付金
給付対象外

あり(無料)
※悪性新生物時のみ


リンク

パンフレット
(保険料一覧掲載あり)
その他
2017年4月版(PDF) 公式サイト
発売告知(PDF)
がん保険評価ランキング


評価コメント

新がんベスト・ゴールドα(アルファ)
は2017年3月まで販売されていた
がんベスト・ゴールドα(アルファ)
の後継商品です。

2014年まで発売されていた前々商品「がんベスト・ゴールド」は、私も加入しているのですが、料金、内容ともに最高の商品でした。
しかし前商品の「がんベスト・ゴールドα」は、前々商品からかなり改悪となってしまっていました。
ですので今回の新商品は、前商品よりも色々な面で改良されることを期待していたのですが、残念ながら期待外れとなってしまっています。

具体的には保障内容面は特に変化はありません
新商品ではいくつか特約が新設されていますが、厳しい言い方ですが特にそれらの中に魅力的なものはありません。

そして料金面は少しですが値上げされています。
下記のモデルプランの時の月払保険料は、
前商品 ⇒ 30歳男性2,310円、30歳女性2,174円
新商品 ⇒ 30歳男性2,441円、30歳女性2,301円
となっています。


◆モデルプラン

主契約の悪性新生物診断給付金:100万円
先進医療特約:
上皮内新生物診断給付金特約:50万円
保険料払込期間:終身


そのため前商品から評価を1つ落としてにしました。
個人的に応援している商品ですので、次回改編時は大きく改良となることを期待しています。


朝日生命スマイルセブンとの比較

新がんベスト・ゴールドα
は、入院通院を問わず、とにかくガンの治療中でありさえすればがん診断給付金
(この保険では悪性新生物診断給付金という名称)
を2年に1回を限度に何度でも受け取れるのが特徴です。
がん診断給付金の2回目以降の給付条件
のとおり、2回目以降の診断給付金は入院が条件になっているガン保険が多い中、通院でも受給できるのは大きなメリットです。

それではこの保険と同じく、
「入院通院問わず、とにかくガンの治療中でありさえすれば2年に1回診断給付金を受け取れる」
ことが特徴の朝日生命のスマイルセブンと比較してみます。


富士生命
新がんベスト・ゴールドα
朝日生命スマイルセブン
(2017年7月改定版)
契約内容 悪性新生物診断給付金:100万円
上皮内新生物診断給付金:50万円
がん先進医療特約:あり
新7大疾病一時金保険S:100万円
先進医療特約S:あり
保険料払込免除特則:あり
被保険者 30歳男女
月払保険料
男性:2,441円
女性:2,301円

30歳男性:2,614円
30歳女性:2,453円
保険期間・保険料払込期間 終身
悪性新生物の治療時に受け取れる
診断給付金(一時金)
の給付金額と給付回数
2年に1回100万円を何度でも受取可能
悪性新生物の治療時に受け取れる
診断給付金(一時金)の
2回目以降の給付条件
入院通院問わず受取可能
上皮内新生物の治療時の
給付金額は?

2年に1回50万円
を何度でも受取可能

2年に1回100万円
を何度でも受取可能
上皮内新生物と診断時
以後の保険料の支払が免除になる?
ならない
悪性新生物と診断時
以後の保険料の支払が免除になる?
なる
悪性新生物と診断された
ケース以外でも以後の
保険料の支払が免除になる?
ならない
ガン以外の6大疾病で所定の
状態となり一時金を受け
取った場合は免除になる
先進医療を受けた際に
受け取れる給付金額は?
技術料の110%(通算2,000万円まで)
先進医療給付金を
受給できるのはどんな時か?

ガンの治療を目的とした
先進医療を受けた時のみ

ガンの治療を目的としたもの以外の
先進医療を受けた場合でも受取可能
ガン(悪性及び上皮内新生物
以外の疾病時でも給付金を
受け取れるか?
受け取れない
ガン以外の6疾病
(心筋梗塞、脳卒中など)
で所定の状態となってしまった時でも
2年に1回100万円を何度でも受取可能


上の表のとおり、保障面はすべて朝日生命のスマイルセブンが有利です。2017年6月までは保険料もスマイルセブンのほうが安く有利だったのですが、スマイルセブンは2017年7月に値上げされたため、保険料の安さだけは富士生命が有利になりました。とはいえ保険料の違いはわずか(7%程度)ですので、この2社の比較であれば朝日生命のほうを高く評価したいと思います。

とはいえスマイルセブンの2017年7月の値上げ後の月払保険料
(30歳男性2,614円、30歳女性2,453円、夫婦だと5,067円
は、一般的な収入の方には安くはない額だと思います。私もまさに一般的な収入の会社員ですが、夫婦で毎月5,000円というのはかなり大きな出費ですから・・・。

そのため、
がん保険の選び方の結論
でも記載しましたが、これからガン保険に加入するのであれば
チューリッヒ生命の終身ガン治療保険プレミアム
も検討することをぜひ推奨したいと思います。