アクサ生命 生活保障型定期保険「就業不能保障プラン」 評価

記事作成日:2018.5.10

評価データ

評価 リンク
公式サイト


評価コメント

生活保障型定期保険「就業不能プラン」
は、
一般的な定期保険(定期死亡保険)よりも保障範囲が広くなっている定期保険です。
一般的な定期保険は、被保険者が

「亡くなってしまった時 or 高度障害状態となってしまった時」

保険金を受け取れます。
それに対しこの保険は、上記2つに加え、就業不能状態となってしまった時にも保険金を受け取れます。
ただし保険金を受け取れるのはいずれか1回限りですので、就業不能状態となってしまって保険金を受け取り、更にその後に亡くなってしまった時にも保険金を受け取る・・・
ということはできません。


この保険でいうところの就業不能状態は


・急性心筋梗塞で60日以上、所定の状態が継続したとき
(平たくいうと後遺症が残ってしまった時)

・要介護4レベル相当が180日以上継続したとき


などです。 (公式サイトより)
現在発売中の就業不能保険と比較しても要件は厳しめです。かなり重い状態にならないと受け取れません。

その分だけ保険料が安価であればいいと思いますが、むしろ保障内容のわりに保険料は高いように思います。

また、私はこちらのページのとおり、そもそも就業不能保険の必要性は低いと考えています。