朝日生命 7大疾病一時金保険「スマイルセブン」 評価 2017年7月に改定

記事更新日:2017.7.10

評価データ

販売時期 更新タイプ がん診断給付金 上皮内がん
の保障
がん診断時に
以後の保険料払込免除
総合
評価
主契約 先進医療
特約
給付
回数
2回目以降の
給付条件
2017年7月~
終身型

終身型

無制限

悪性新生物
と同等

あり(有料)
※悪性新生物時のみ
~2017年6月

※この保険では「7大疾病一時金」という名称



その他

申込可能
年齢
パンフレット 契約のしおり
約款
リンク
15~80歳 2017年7月版
2016年6月版
2017年7月版
2016年6月版
発売告知(PDF)
がん保険評価ランキング
がん保険の選び方の結論
メディケア生命「メディフィットPlus」の評価
富士生命「新がんベスト・ゴールドα」の評価

※スマイルセブンとの比較を取り上げています。



2017年7月の改定内容について

※推奨プランと申込方法はこのページの最下部にあります。途中の説明を省きたい方はジャンプして下さい^^


2017年7月2日に内容が改定されるという情報を読者の方から頂きました。
(g様、ありがとうございました。)
それを受けて早速朝日生命に詳細を確認したところ、変更点は以下とのことでした。


改良点

ガンとその他6大疾病の一時金のカウントが別枠になる。
そのため例えば、

 2017年にガンと診断されるも手術し完治
 2018年に心筋梗塞で入院

となった場合、これまでは2017年のガン診断時に7大疾病一時金を受け取っていると、それから2年間は一時金を受取不可でした。よって2018年の心筋梗塞時の一時金受給は不可でした。
しかしカウントが別になるため、この例の場合、心筋梗塞時も一時金を受給できるようになるとのこと。



改悪点

保険料が約10%ほど値上げされるとのこと。
このページの下のほうで取り上げている30歳男女の参考プラン時の月払保険料も、下記のとおり約10%ほど値上げされています。

男性:2,323円2,614円
女性:2,253円2,453円



この改定をどうみるか?

改良点と改悪点があるため、一概に新旧どちらのほうが有利とは言えません。 個人の価値観次第で評価も変わってくると思います。
ただ個人的には、

「一時金が別カウントになるメリットよりも、10%値上げされるデメリットのほうが大きい

と思いましたので、残念な改定だったと思います。
もっとも元々の保険料が安すぎたとも思いますし、国債の金利が低くなりすぎて2017年春に他社の多くの保険も保険料が値上げされましたので、この値上げは仕方がないかなとも思いますが…。



※このページの以下の内容は値上げを受けて改編しました。


どんな保険か?

スマイルセブン
(無配当7大疾病一時金保険)
は2015年5月に新発売された保険です。名義上は
「7大疾病一時金保険」
となっていますが、実質的にはほぼ終身ガン保険です。そしてガン保険として評価した場合、発売当初はとてもコスパに優れた保険でした。
「スマイルセブン」
という名前を最初に見た時は、
「なんだかアイドルグループみたいな名前だなあ」
と思ったくらいだったのですが、その内容の良さにはびっくりさせられました。
しかし上記のとおり残念ながら2017年7月に値上げされてしまいました。それを受けて改めてどんな保険か詳しく見ていきたいと思います。



◆参考プラン

新7大疾病一時金:100万円
先進医療特約S:あり
保険料払込免除特則:あり
保険期間・保険料払込期間:終身
月払保険料:30歳男性2,614円、30歳女性2,453円



保険期間、保険料払込期間ともに終身(一生涯)なので、保障も保険料の支払いも一生涯続きます。保険料は途中で上がることはありません。他社の終身がん保険同様、保障に特化した保険のため解約返戻金配当はありません。つまり掛け捨てです。


7大疾病一時金
は7大疾病で所定の状態となってしまった時に、2年に1回を限度に何度でも受け取ることができます。
7大疾病は
・ガン
・心疾患(心筋梗塞など)
・脳血管疾患(脳卒中など)
・慢性腎不全
・肝硬変
・糖尿病
・高血圧性疾患
です。

特筆すべきはガンの時の受給要件の幅広さです。給付金を受け取れるケースがとても多いのです。
まず加入後はじめてガンと診断された時には無条件に7大疾病一時金
(他社のガン保険でいうところのがん診断給付金
100万円を受け取れます。
ポイントは2回目以降です。他社のガン保険も診断給付金は
「2年に1回」や「1年に1回」
を限度に何度でも受け取れる保険が多いですが、2回目以降は
入院治療中であれば給付=通院だけでは受け取れない
となっている保険が多いです。
しかしこのスマイルセブンは通院治療中であっても、医師にまだガンが存在すると診断されれば受給できます。
(ややこしいですが入院治療中の場合は、まだガンが存在するという診断書がなくても、ガンの治療のため入院中であるという診断書があれば受給可能。朝日生命コールセンターに確認済。)

診断されれば受給できることから、その後の治療方法の選択にも影響が出ません。
例えば、


公的医療保険(つまり健康保険)対象の抗がん剤治療を受けた時に抗がん剤治療給付金10万円を給付


というガン保険の場合、公的医療保険対象の抗がん剤治療
(いわゆる自由診療
を受けただけでは1円も受け取れませんが、このスマイルセブンではガンが存在すると診断される限りは2年に1回100万円を受け取り続けることができます。
また超初期のガンである上皮内新生物(上皮内ガン)でも、悪性新生物の時と同額を受取可能です。


通院治療中でも受け取れる
自由診療でも受け取れる
上皮内ガンでも受け取れる


の3拍子が揃っているわけです。


ガン以外の6疾病の給付要件も他社と比較すると良いです。
長くなりすぎてしまうため一部だけ取り上げますが、例えば心筋梗塞と脳卒中の給付金は、他社の保険では下記が要件となっていることが多いです。


急性心筋梗塞 60日以上、労働の制限を必要とする状態
(軽い家事等の軽労働や事務等の座業はできるが、それ以上の活動では
制限を必要とする状態)が継続したと医師によって診断された時
脳卒中 60日以上、マヒや運動失調、言語障害などの他角的な神経学的後遺症が
継続したと医師によって診断された時


これはつまり、
後遺症が残るくらい重度であった場合のみ給付
となっているのです。
ところがこの2つの病気についてスマイルセブンは、
入院または手術をした時点で給付
という条件になっています。
しかも約款を見ると、開胸した上で行うバイパス術
(心臓の動脈を迂回させる手術)
のような大掛かりな手術だけでなく、カテーテル手術などの軽微な手術でも対象と記載されています。ですので比較的軽度なケースでも給付金を受け取れると思います。
ただしガン以外の6疾病は同一カウントになっているため、例えば同じ年に心筋梗塞と脳卒中になってしまったとしても、受給できるのは1回分(100万円)だけです。


先進医療特約
はそのままですが、先進医療を受けた場合に給付金を受け取れます。他社のガン保険の先進医療特約は
「ガンの治療を目的とした先進医療特約を受けた時」
しか受給できないことが多いのですが、この保険は実質的にはほぼガン保険ではあるものの名義上は特定疾病一時給付保険であるためか、がんだけでなく
がん以外の治療を目的とした先進医療を受けた時も受給可能
となっています。
受給額は技術料相当額の110%のため、例えば技術料が300万円の先進医療を受けた場合は330万円を受け取ることができます。給付額は通算で2000万円までです。


保険料払込免除特則
もそのままですが、以後の保険料の払込が免除になる特則(特約)です。
上記の7大疾病一時金を受け取るとこの特則に該当となり免除になります。ですのでガンであれば初回に診断された時点で、心筋梗塞や脳卒中の場合は手術や入院をした時点で免除になります。
ただし超初期のガンである上皮内新生物(上皮内がん)と診断された時には免除になりません。


評価コメント

スマイルセブンは
メディフィットPlusの評価ページ(スマイルセブンとの比較)

新がんベスト・ゴールドαの評価ページ(スマイルセブンとの比較)
のとおり、値上げ後でもまだ他社のガン保険と比較すると優勢なことが多いです。

とはいえ値上げ後の月払保険料
(30歳男性2,614円、30歳女性2,453円、夫婦だと5,067円
は、一般的な収入の方には安くはない額だと思います。私もまさに一般的な収入の会社員ですが、夫婦で毎月5,000円というのはかなり大きな出費です。
ですので以前のように強くは
「ガン保険はスマイルセブンがおすすめです」
とは言えなくなってしまったと思います。
そのため評価を1ランク下げてにしました。

がん保険の選び方の結論
でも記載しましたが、これからガン保険に加入するのであれば、ガン以外の保障も重視したいならスマイルセブンがおすすめですが、コスパ重視であれば
チューリッヒ生命の終身ガン治療保険プレミアム
を推奨したいと思います。


推奨プラン

個人的な推奨プランは、上記の契約例でも取り上げていた


新7大疾病一時金:100万円
先進医療特約S:あり
保険料払込免除特則:あり


です。これで月払保険料は、30歳の方が加入する場合だと

終身払(一生涯保険料を払い続ける)を選択時
→ 男性2,614円 女性2,453円

60歳払込満了(60歳で保険料の払込が満了。保障は一生涯続く。)を選択時
→ 男性4,631円 女性4,503円

です。加入後に途中で保険料が上がることはありません。
パンフレットの最後のほうのページに年齢別の保険料一覧が掲載されていますので、そちらも確認されるとよいと思います。

また、終身払と60歳払込満了の選択ですが、
がん保険 終身払と短期払いはどちらが有利か?
で詳述のとおり大きな有利不利はないため、好きな方を選んで構わないと思います。

なお、「7大疾病初回一時金特約」というのもありますが、保険料がだいぶ上がってしまうため個人的には不要かなと思います。あくまで私個人の意見ですので、あったほうがいいと思う方はつけるとよいと思います。


申込方法

朝日生命の営業マンからの販売は行っておらず、来店型の保険ショップ一部の銀行などの窓口でのみ販売されているようです。
興味がある方は上記の保険ショップや銀行に連絡し、訪問日時を予約の上で訪問するとよいと思います。