メットライフ生命 USドル建終身保険 ドルスマート 評価

記事更新日:2018.5.15


商品名 販売時期 低解約返戻金型
を選択可能か?
三大疾病時
保険料払込免除特約
評価
USドル建終身保険ドルスマート 2016年9月~ 可能 あり
USドル建てIS終身保険 ~2016年8月 不可 なし


インフレに対応可能か? パンフレット リンク

積立利率変動型のため
比較的可能理由はこちら
2018年4月版
2014年12月版
公式サイト
発売告知(2016年9月)



評価コメント

USドル建終身保険ドルスマート
は、
米ドル建ての積立利率変動型終身保険です。

2016年9月にリニューアルされ商品名も変わりました。
旧商品と比較すると、上の表のとおり低解約返戻金型を選択可能になり、三大疾病時保険料払込免除特約も新設されました。

しかし結論から言ってしまうと、個人的にはおすすめできない保険です。この保険は保険料を月払(毎月)や年払(年に1回)で払っていきます。そして亡くなってしまった時には高額な死亡保険金を、一定期間が経過後に解約をすれば払った保険料総額を上回る解約返戻金を受け取れます。

つまり、死亡保障
(亡くなってしまった時には遺族が大金を受け取れる機能)
資産運用
(お金を増やす機能)
を兼ね備えた保険だとアピールされ売られています。
特に資産運用については、日本円よりも金利の高い米ドルで運用することから、円建てよりも資産運用力が高いとアピールされています。

しかし、たしかに円建てよりは高運用が見込めるもの、米ドル建てにしては資産運用力は低いです。
1ドル=100円で常時推移したと仮定してパンフレット内のモデルプランを見てみます。この保険は積立利率が毎月見直しされますが、このモデルプランでは常時3.5%で推移したとされています。すると、40歳女性が50歳まで年払保険料3,947ドル(約40万円)を払い続け、総額で39,470ドル(394万円)も払う。そして加入から25年後の65歳で解約した時で、解約返戻金は55,518ドル(555万円)。


利益=55,518ドル-39,470ドル=16,048ドル(160万円)
返戻率=55,518ドル÷39,470ドル=140.6%
払った保険料に対する実質的な運用利率(年利)=約1.7%


円建ての保険の年利よりは高いものの、円建てにはない為替リスク
(解約返戻金を受け取る時に円高になっている場合は、返戻率が大幅に下がる可能性があること)
を考慮すると、魅力的な年利ではありません。積立利率が常時3.5%なのに実質的な年利が1.7%ということは、それだけ死亡保障部分や保険会社の利益で引かれてしまっているというということです。
低解約返戻金型のため、保険料払込期間中に解約をすると払った保険料を大幅に下回る解約返戻金しか受け取れず、大きく元本割れしてしまう可能性が高いというデメリットもあります。


よってこの保険に加入して高額な保険料を毎年払っていくくらいなら、掛け捨てで保険料の安い死亡保険
定期保険収入保障保険
で死亡保障は用意しつつ、浮いたお金でiDeCo(個人型確定拠出年金)NISAで資産運用するほうが個人的にはおすすめです。これらで25年間もの長期間、積立運用をすれば、年利5%以上は十分に期待できます。
iDeCoやNISAも簡単ではありませんが、難しいこの保険に挑戦するくらいなら、それらに挑戦することをおすすめします。


保険ショップや販売促進目的のFP(ファイナンシャルプランナー)に注意

近年、日本円建ての保険があまりに低金利となってしまったことから、保険ショップなどがやたらに外貨建ての保険をおすすめしてくるようです。

「リスクをとってでも資産運用したい」
と要望してきた顧客に対してすすめるならまだわかりますが、多くの場合はそんな要望など一切していない顧客に対してすすめてくるようです。これは明らかに自分達の利益しか考えていません。

保険ショップはボランティアではありません。保険を売って手数料収入を得ることを目的としています。そのためこの保険に限った話ではありませんが、手数料の高い保険を売ろうとする人がどうしても存在します。
中には為替リスクを一切説明せずゴリ押ししてくるような悪質な人もいるようです。
十分に注意するようにして下さい。