特定疾病保障保険(定期型)のメリットデメリット

記事作成日:2014.10.17

特定疾病保障保険(定期型)はどんな保険か?

それでは特定疾病保障保険(定期型)のメリットデメリットを見ていくよ。
ういす。
まずは特定疾病保障保険(定期型)がどんな保険かを簡単に。
前ページのあいおい生命の下記の契約の場合で見ていきたいと思う。

被保険者・・・30歳男性
保険期間・・・60歳まで
保険料払込期間・・・60歳まで
保険金・・・500万円
月払保険料・・・3,525円

これは被保険者が60歳までにもしも亡くなってしまったり、高度障害状態になってしまったり、三大疾病で所定の状態になってしまった場合に、保険金500万円を受け取れるという契約だね!
そうだね。ただし保険金を受け取れるのはどれか1回のみ。保険金を受け取ると保険契約が消滅し、以後の保険料の支払もなくなる。保険金を受け取ることなく600歳を迎えた場合は、特に何も受け取れない。
掛け捨てになってしまうってことか。それで保険契約は終了になるの?
保険会社によっては60歳以降も自動更新できる保険もあるけど、保険料がそれまでより大幅に高くなってしまうので、更新される方は恐らく少ないと思う。定期型の保険は基本的には、
「子育てが完了するまで」

「定年退職するまで」
というふうに、一定期間だけをカバーしたい方に向いている保険になる。
なるほど。


特定疾病保障保険(定期型)のメリット

メリットはやはり終身型と比較して保険料が安いこと。
例えばもしもこの被保険者が50歳で急性心筋梗塞を発症してしまい、以後は心臓に負担がかかる労働は控えるよう医師から指示を受けた場合、保険金500万円を受け取ることができる。
50歳までに支払った保険料は

3,525円×12ヶ月×20年=846,000円≒約85万円

約85万円しか払っていないのに、500万円を受け取ることができるというわけだ。
なるほど。これは保険としては魅力が大きいね。
そうだね。
実際のところ三大疾病を発症してしまった方は、身体に負担がかかる業務や残業などができなくなってしまう方が多く、必然的にそれまでよりも収入が減少してしまう方が多い。その収入減少分をカバーするにも適した保険だと思う。


特定疾病保障保険(定期型)のデメリット1 保険料がそれなりに高い

定期型の特定疾病保障保険は終身型よりは安いとはいえ、死亡保障もついているのでそれなりに高い。
上記のあいおい生命の契約例の場合も、月払保険料が3,525円、60歳までに払い込む保険料は総額で約127万円にもなる。そして60歳まで健康で過ごした場合は何も受け取れないので、約127万円が掛け捨てになってしまう。金銭感覚は人それぞれだけど、これは家計への影響が大きいという方も多いと思う。
なるほど。それは確かに大きいなあ。


特定疾病保障保険(定期型)のデメリット2 ガン保険の代わりにはならない

これは個人的にだけど、この保険はガン保険の代わりにはならないと思っている。
ガン保険はがん保険の選び方コーナーで記載のとおり、保険料が上がらず保障が一生涯続く終身ガン保険(終身タイプのガン保険)を推奨している。けれど定期型の特定疾病保障保険はそのようになっていないので、ガン保険としては不十分だと思う。
うーん、それは大きいなあ。そしたら別途、終身ガン保険にも加入したほうがよさそうだけど、いろいろ保険に入るのもなんかなあ・・・。
うーん、じゃあどういう人にこの保険は向いているんだろう?


特定疾病保障保険(定期型)が向いている人は

特定疾病保障保険(定期型)が向いているのは、個人的には下記のような方だと思う。

・若い現役時代の間に急性心筋梗塞と脳卒中になってしまうことを心配されている方
・体力を必要とする仕事をされている方
・保険料をなるべく抑えたい方

詳しく詳しく。
まずは1つ目の、
若い現役時代の間に急性心筋梗塞と脳卒中になってしまうことを心配されている方

三大疾病の保険は必要か?で詳しくは記載しているとおり、若い現役時代のうちに急性心筋梗塞と脳卒中を発症してしまう方は、喫煙、運動不足、肥満などの危険因子に該当されている方が多い。逆に言えば、これらの危険因子に該当しない方は、この2つの病気を発症してしまう確率は格段に低くなるので、この2つの病気についてはあまり心配をしなくてよいのではと思う。なのでそのような方はガン保険でガンだけに備えればよいのではと個人的には思う。

◆急性心筋梗塞と脳卒中の危険因子に該当してしまっている方
 ⇒ 三大疾病の備えを検討する価値あり

◆急性心筋梗塞と脳卒中の危険因子に該当しない方
 ⇒ ガン保険でガンだけに備えればOK

なるほど。
続いて2つ目の、体力を必要とする仕事をされている方。

上のほうでも少し記載したけど、三大疾病を発症してしまった場合、身体に負担が大きい仕事はできなくなってしまう方が多い。老後ならともかく現役でバリバリ体力を使う仕事をされている方の場合は、体力仕事ができなくなってしまうと収入が減少してしまうケースが多い。
そのため体力仕事をされている方は、この保険に加入することで現役時代の収入の減少に備えるというには有効だと思う。この保険は定期型なので、現役時代だけをカバーするには適している。
なるほど。
最後の3つ目、保険料をなるべく抑えたい方。

これはまあそのままだけど、定期型は掛け捨ての保険のため保険料が安いので、保険料を抑えたい方に向いている。とはいえ、上記のデメリット1の通りそれなりに保険料は高い。

「保険料をもっと節約したい」
「ガン保障は他に十分あるので、現役時代の間だけ少しだけ急性心筋梗塞と脳卒中の保障がほしい」

といった方は、その他の三大疾病に備える保険も検討されるとよいと思う。
なるほど。
次のページでは終身型について詳しく見ていくよ。