低解約返戻金型終身保険の詳細比較 2017年4月版

記事更新日:2017.4.18


2017年4月の保険料値上げで終身保険はお金を増やせる保険ではなくなりました

低解約返戻金型終身保険は、保険料払込期間満了まで保険料をしっかり払い込んだ上で解約をすると、払った保険料を大きく上回る解約返戻金を受け取ることができることから、長期の資産運用に利用できる保険でした。
学資保険のように学資金を貯蓄したり、個人年金保険のように老後のための貯蓄をしたりもできたのです。
そのためこのページでは、
学資保険代わりに終身保険に加入する場合
個人年金保険代わりに終身保険に加入する場合
どの会社が有利か比較したレポートを、以前は掲載していました。

しかし評価ランキングのとおり、2017年4月に多くの会社が保険料を値上げし返戻率が大幅に低下。その結果、30年間保険料を払い続けて解約しても返戻率が100%くらいにしかならなくなりました。お金を増やすということができなくなったのです。

そうなると加入する意義はかなり限られてきますが、強いて言えば個人的には損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の
5年ごと利差配当付 低解約返戻金型終身保険
がおすすめです。
この保険は配当付きのためインフレに比較的対応可能(理由はこちら)です。
また
三大疾病時の保険料払込免除特約の比較
のとおり、三大疾病で所定の状態となってしまった際は、以後の保険料の払い込みが免除になるだけでなく、その時点で一気に解約返戻金が高額になるため、解約してその解約返戻金を治療費に充てることも可能です。そのため


・掛け捨ての収入保障保険がん保険は性に合わない
住宅ローンは組んでおらず多額の余裕資金がある


といった方には、検討する価値があると思います。
逆にいえば上記に当てはまらない方は、掛け捨ての収入保障保険がん保険に加入する方がおすすめです。
詳しくは
ひまわり生命 5年ごと利差配当付 低解約返戻金型終身保険 評価ページ
を参照願います。