こどもの医療保険とガン保険

記事更新日:2015.7.23

こどもの医療保険はお守り程度に

今日はこども(0歳~18歳)が医療保険に加入する場合はどうするかを見ていくよ。
ういす。
結論から言うと、こどもの医療保険は親よりも必要性が低い。主な理由は下記2点だ。


①家族を支えている親が入院をすると経済面や家事などいろいろな面で影響が大きいけど、こどもの場合は親ほど影響が出ない。

②多くの自治体が子ども医療費助成制度を設けているため、こどもの治療費は親に比べて安い。
①はわかるけど、②は?
例えば、下の表は埼玉県の各市町村の医療費助成制度一覧なんだけど、多くの市町村が15歳年度末(中学校卒業時)まで入院と通院の時の治療費が0割負担、つまり無料になっている。




なるほど、そういや僕がこないだ病院に行った時もお母さんはお金を払っていなかったな。それはこの制度のおかげだったのか。
そうだね。
自治体によって差はあるけど、この制度を採用する市町村は増加傾向にある。
詳しくは自身の住む市役所のホームページなどを確認してほしい。
なるほど。確かに0割負担になる助成制度があるなら医療保険は必要ないか・・・。
そうだね。必要性が低いのは確かだと思う。なのでもし加入するにしても、お守り程度に少しだけ加入するくらいにしておくのがよいと思う。
例えば個人的には下記の共済の保険なんかがよいと思う。どれも実質保険料(掛金)が月々1,000円以下と安く、それでも充実した保障が得られるようになっていると思う。


◆県民共済 vs コープ共済 vs 全労済 比較表
県民共済 コープ共済 全労済
コース名 生命共済
こども1型
たすけあい
ジュニア18コース
(J1000円コース)
キッズタイプ
リンク 公式サイト
(都民共済)
公式サイト 公式サイト
月掛金 1,000円 1,000円 900円
割戻率
(2011年度)
22% 15.9% 15.5%
実質の月掛金
(割戻率を
考慮した掛金)
780円 850円 760円
保障期間
(保険期間)
0~18歳 0~19歳 0~18歳
入院 事故

病気
1日当たり
5,000円

(1~360日目まで)
1日当たり
6,000円

(1日目から360日分)
1日当たり
5,000円

(1日目から365日分)
通院 事故 通院1日当たり
2,000円

(1~90日目まで)
1日当たり
2,000円

(1日目から90日分)
1日当たり
2,000円

(1日目から90日分)
手術 2・5・10・20万円 5・10・20万円
長期入院
(270日以上
連続した入院)
36万円
先進医療 1~50万円
第三者への損害賠償 最高
100万円
月額170円の
特約
で加入可
最高
100万円
後遺
障害
交通事故 12~300万円 14~350万円 12~270万円
不慮の事故 8~200万円 8~180万円
死亡

重度障害
交通事故 500万円 150万円 600万円
不慮の事故 400万円 400万円
病気 200万円 100万円 200万円
扶養者

死亡・重度障害
事故 350万円 100万円 350万円
病気 50万円 30万円


なんかどれも似たような感じだね。
そうだね。
保険料も保障内容もよく似ていて、どれがいいとも悪いとも言えないと思う。なので雑な言い方だけど、どれでもいいと思う。それにこの3つの共済でなくても、地域オリジナルの子ども向けの共済などでもよいと思う。
なるほど。


子供もガン保険優先で

各種保険のかんたんな解説と評価などで記載のとおり、医療保険とガン保険ではガン保険のほうが費用対効果が高く価値が高い保険だと思っているため、個人的にはガン保険を優先的に検討することを推奨している。

また、がん保険の選び方コーナーで記載のとおり、ガン保険は保険料が上がらず保障が一生涯続く終身ガン保険(終身タイプのガン保険)を推奨している。
終身ガン保険は小さい頃から加入できるものが多いし、大人になってから加入しても子供の時から加入しても保険会社に払い込む保険料総額はあまり変わらないので、それであれば子供の時から加入することを推奨したい。

◆2015.7.23追記

ただし、2015年7月現在のガン保険評価ランキング最上位のスマイルセブン(朝日生命)は、15歳から契約可能になっています。ですので、それまでに他社のガン保険に加入するよりも、15歳になってからスマイルセブンに加入するほうが個人的にはよいかなと思います。あくまで私個人の考えですので、申し訳ないですが最終的には御自身で判断してもらえればと思います。

なるほど。
次回は老後の医療保険について補足を・・・。


ポイント

子供の医療保険は助成制度などもあるため必要性は低め。加入するにしてもお守り程度に。