【サイト内検索】

「老後は2,000万円の貯蓄が必要」発言は本音

記事作成日:2019.6.11

先日、麻生太郎金融大臣が、95歳まで生きるとした場合

年金だけでは老後資金が2,000万円不足するので、自分で2,000万円を老後までに貯蓄してください。

という趣旨の発表をしました。
それに対し野党やマスコミが

年金だけでは不足だということか?
年金制度はあと100年は安心と言っていたではないか?

と非難を浴びせています。

上から目線で
「2,000万円くらい用意してね」
という感じだったのが残念ではありますが、個人的には金融庁の発表は悪いものだったとは思いません。

私はFPという立場ですから、現在の年金の仕組みが無理があるものだということは痛いほどよく理解しているつもりです。働いている若い世代が払う保険料を高齢者に配布するという仕組みなのですから、若い世代が減り高齢者が増えれば成り立たなくなっていくのは当然です。

その結果、保険料を徐々に値上げしつつ、年金支給額は徐々に減らしていくというのを、今後も進めていくでしょう。会社員公務員の給料から強制的に保険料を徴収している以上、年金制度の破綻の可能性は0%だと私は思っていますが、年金支給額が減る可能性は100%でしょうから、その分は自分で貯蓄するしかありません。実際、現在の高齢者と同等水準の生活を送るためには、2,000万円くらい自分で貯蓄しないといけないでしょう。

金融庁が発表したのはまさにこの内容、つまり本音です。
変に
「年金だけでも安心ですよ」
とウソをつき続けるよりは、本音を言ってくれてよかったと個人的には思います。


重要なのはこの問題に国全体でどう取り組むかです。
麻生大臣も安倍首相もこの発言について

「不足するとは言っていない」
「不正確だった」

などと変なフォローをしたりしていますが、フォローは要らないですから政治家としての仕事をしてほしいと思います。

金融庁は「老後までに2,000万円を貯めろ」というのであれば、貯めやすい制度を作ってください。
iDeCo(個人型確定拠出年金)NISAも難しすぎます。
iDeCoは運用中だけでなく、いざ老後に年金などを受け取る時も非課税に。
NISAは3つのNISAを統一し非課税期間も無期限に。スイッチング
(運用中の商品を変更すること)
もアリにして下さい。


安倍さんは、少子高齢化対策をもっと強く進めて下さい。
私の周りには、経済的に不安だからという理由で出産を諦めた人、余裕があればもう1人ほしかったけど諦めた人がたくさんいます。まだ日本は全体では体力があり、お金が余っている人は余っているのですから、余っている人の分を子育て家族に配布しようと思えばできます。
そのためには、少子化対策に成功しているフランスや北欧の国々をマネて、全体の税率を上げて子育て家族への支援を強化してもよいと思います。


そして我々一般人は、資産運用に関する知識をつけ、投資信託などのリスクをかけた運用をiDeCoなどで行い老後資金を貯蓄するしかないと思います。
リスクをかけた運用は文字通りリスクがあります。けれど銀行預金のようなリスクのない運用しか行わず2,000万円を貯めることができなかったら、それはそれで老後資金が不足するというリスクがあります。

リスクのある運用はリスクがあり、リスクのない運用しか行わないのもリスクがある。

なんかもうほんと、板挟みにされている感があって厳しいですよね・・・。

直近の更新履歴

2019年
6/15
iDeCoの管理人の運用成績レポートを更新。
6/13
メディケア生命の新商品、メディフィットEX おくすりの保険の評価ページを新設。
6/10
三井住友海上あいおい生命の新商品、就業不能保険「くらしの応援ほけん」の評価ページを新設。


サイトへの寄付のお願いについてはこちら


管理人作成の他のサイト

格安SIM(MVNO)デビューガイド
大手3社(docomo、au、ソフトバンク)から格安SIMに乗り換える方法などを紹介しています。
スマホ代を節約したい方はぜひアクセスしてみて下さい。
このページのトップへ戻る▲